2020年10月01日

「家づくり」完成までの道のり 土台編

こんにちは、広報の古賀です。

 

以前、「家づくり」の基礎と土台の違いについてご紹介いたしました。

 

そこで今回は、土台工事についてご紹介いたします(o^―^o)

 

 

現在は、換気口から進化して、

基礎パッキンというものを敷いていきます。

 

写真の黒い部分が基礎パッキンですね🏡

 

基礎パッキンは、上の写真のとおり

空気が通る構造になっています。

 

まず、土台や大引が搬入されてきます。

 

プレカット工場で予め加工された材料ですが

現場でただ組み立てるだけで

よいというわけではありません。

 

材料に記載された記号を参考に、

プレカット図を見て材料との照合をします。

 

(佐賀市注文住宅M様邸:木の家)

 

次に、基礎に墨を打って、木材を設置位置へおいていきます。

 

間違いがないか図面と照合した後、

アンカーボルト↓を締めます。

 

 

床は、上棟後に施工することが多いそうですが、

土台敷きの後に床組をしています💪

 

建築関係もいろいろ日々進歩しています!

 
 
 
無料資料請求・お問い合わせ