2017年10月

都道府県別平均購入価格②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今回は、土地も購入したケースの相場をご紹介します(o^―^o)

 

※土地も購入した場合の注文住宅購入額の相場

 

 

都道府県名延床面積

( ㎡ )

延床面積

( 坪 )

土地費用込相場

(万円 )

北海道114.434.63,306
青森県115.334.93,267
岩手県115.134.83,253
宮城県121.736.83,891
秋田県108.932.92,902
山形県122.537.13,617
福島県116.435.23,730
茨城県116.235.13,544
栃木県115.735.03,562
群馬県115.534.93,362
埼玉県111.433.74,235
千葉県113.134.24,025
東京都100.030.25,629
神奈川県105.932.04,813
新潟県116.035.13,348
富山県126.438.23,491
石川県124.337.63,742
福井県124.637.73,475
山梨県116.135.13,495
長野県114.234.53,500
岐阜県116.435.23,624
静岡県114.434.64,018
愛知県117.135.44,536
三重県118.635.93,722
滋賀県117.035.43,820
京都府106.332.23,870
大阪府109.733.24,268
兵庫県113.734.44,106
奈良県116.535.34,035
和歌山県113.234.23,566
鳥取県113.334.33,071
島根県113.434.33,272
岡山県117.335.53,844
広島県114.634.73,877
山口県113.234.23,648
徳島県116.435.23,558
香川県116.335.23,415
愛媛県113.334.33,415
高知県112.334.03,603
福岡県114.834.73,838
佐賀県115.635.03,484
長崎県110.233.33,475
熊本県111.933.63,519
大分県114.834.73,528
宮崎県108.832.93,184
鹿児島県107.432.53,299
沖縄県105.231.83,952
全国平均113.334.33,955
 
 
 
それぞれの世帯の平均は・・・
年齢・・・37歳
家族数・・・3.4人
世帯年収・・・599万円
建設費・・・2663万円
土地代・・・1291万円
手持金・・・461万円
融資金・・・3371万円
返済額/月・・・10.95万円
総返済負担率・・・23.3%

 

 

これらのデータを参考にすると

土地と建物の価格比がとてもわかりやすいと思います(o^―^o)

 

土地が決まれば、本体にかけられ金額も決まる!

と言えるでしょう。

予算が決まり、これから土地探しをされる場合、

家と土地のどちらにお金をかけたいか決めましょう。

 

その割合がだいたい決まれば、

そこから候補の場所や面積を決めていくことができます🎶

 

 

「暮らし」を豊かにするはずが

ローンが家計を圧迫し、生活が立ち行かない!

では、家づくりを後悔してしまうかもしれません💦

 

土地も家もしっかりこだわりたいですが

支払いの面でも、これからの暮らしに合ったものを選ぶことが重要です。

 

こちらも、あくまで参考ですが

皆様の家づくりに役立ったら幸いです♪

都道府県別平均購入価格

こんにちは、広報の古賀です。

 

 

イベントが行われると、よく頂く質問が

「普通は?」とか「平均は?」というものです。

 

本来は、その方に応じた資金計画を立てて、

そこから考えましょう・・・とアドバイスさせて頂きたいところですが

今日は、参考として平均的な注文住宅の購入価格を

ご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

 

<住宅金融公庫 平成26年調査より>

 

※土地取得の為の借入がない場合

 

都道府県名延床面積

( ㎡ )

延床面積

( 坪 )

建設費相場

( 万円 )

北海道137.541.63,115.9
青森県132.640.12,836.7
岩手県130.439.43,047.9
宮城県134.240.63,151.4
秋田県130.739.52,847.5
山形県144.543.73,328.2
福島県134.140.63,279.7
茨城県128.338.83,185.9
栃木県127.038.43,111.6
群馬県124.537.72,982.2
埼玉県128.238.83,428.9
千葉県126.438.23,248.4
東京都126.538.33,929.6
神奈川県127.438.53,657.3
新潟県134.840.83,124.5
富山県137.741.73,103.2
石川県131.839.93,117.9
福井県138.541.93,260.2
山梨県128.738.93,077.0
長野県129.739.23,152.5
岐阜県129.739.23,233.0
静岡県133.640.43,455.9
愛知県133.940.53,498.6
三重県126.038.13,194.3
滋賀県130.139.43,442.8
京都府125.938.13,394.1
大阪府134.040.53,598.4
兵庫県129.039.03,329.1
奈良県131.039.63,415.5
和歌山県126.938.43,263.6
鳥取県119.536.12,972.1
島根県113.034.22,513.8
岡山県125.337.93,164.8
広島県129.939.33,268.3
山口県123.437.33,220.8
徳島県128.839.02,998.8
香川県127.138.43,117.3
愛媛県118.435.82,756.9
高知県119.336.12,910.5
福岡県131.439.73,262.3
佐賀県134.340.63,148.0
長崎県129.239.13,075.6
熊本県124.237.62,997.3
大分県128.038.73,059.1
宮崎県113.834.42,632.1
鹿児島県114.134.52,674.5
沖縄県129.539.23,305.7
全国平均129.339.13,308.2

 

ここでの「相場」は、

本体工事費と、外構などの付帯工事費の合計です。

 

固定資産税や保険、保証料などは含まれていないので、

100万円前後は高くなると見積もっておく必要があります💦

 

世帯の平均を見ていくと、

 

年齢・・・42歳

家族数・・・3.7人

世帯年収・・・596万円

建設費・・・3308万円

頭金・・・682万円

融資金・・・2568万円

返済額/月・・9.14万円

総返済負担率・・・20.2%

 

となります。

 

総返済負担率は、世帯年収に対する返済額の割合です。

 

年収600万円の世帯で、月々の返済額が10万円前後

ということになります。

 

賃貸と違い、一戸建ては保険料やメンテナンス代を考え

総返済額は収入の2割程度に抑えておくのが

ローン破たんの危険が少ないと言えるようです。

 

あくまで参考程度のものですが、

一つの目安にはなるかもしれませんね(o^―^o)

 

次回は、土地も購入したケースの相場です。

 

土地探し!

こんにちは、広報の古賀です。

 

 

早速ですが…土地を購入する際

いくつか注意しておくべきことがあります!

 

例えば、同じ面積の土地でも

家のカタチは土地が決めてしまいます。

 

敷地面積が同じで、見た目にも変わらない土地でも

立地によって様々な法律が決められているため

建てられる家のカタチは変わってしまうんです💦

 

「建ぺい率」が違った場合

100坪の土地で建ぺい率が80%なら、建築面積は最大80坪とれます。

 

ですが、建ぺい率が60%なら60坪までした建てられません。

 

そのほかにも目の前の道路幅次第では2階建てが難しいなど条件があるので

土地は広さだけでなく各種法律を確認する必要があります。

 

用途地域 都市計画により、建築できる建物の種類を定めた地域の事。

     全部で12種類ありそれぞれで建物の高さや種類などが決められている。

     そもそも住宅が建てられてない地域もある。

 

防火地域 市街地において火災の延焼を防ぐために指定された地域の事。

     主に市街地の中心部や幹線道路沿いのエリアが指定されていて、

     耐火建築物または準耐火建築物しか建てられない。

 

建ぺい率 敷地面積に対する建築面積の割合の事。

     日照や通風、防火などの為に建築する建物の建ぺい率は

     用途地域の種別などにより最高限度が制限されている。

 

容積率 敷地面積に対する延べ床面積の割合の事。

    用途地域の種別などにより定められた制限か、

    敷地に接する道路の幅による制限のどちらかが厳しいほうの数値が適用される。

 

道路幅員制限 敷地に接する道路の幅が4メートル未満の場合、

       道路の中心から2メートルのところが敷地限界線になる。

       この敷地限界線により道路側には家や門などの外構を建てる事が出来ない。

 

道路斜線制限 道路を挟んだ反対側の建物の日照などを確保するための規制。

       道路の反対側の境界線から上空に向かって一定勾配で引いた斜線より下に

       建物を建てる必要がある。

 

 

 

また、良い場所に安い土地を見つけたからといってすぐに購入してしまうと

後で思わぬ出費が待っているかもしれません。

 

地盤が軟弱だったり、擁壁(土留め)が必要など、

改良に余計な費用がかかる土地があるからです💦

 

土地探しは事前にしっかりと下調べをしておくと

安心ですね(o^―^o)

K様邸です

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日はK様邸のご紹介です(o^―^o)

少し分かり辛いですが、外壁は暗めの色を使っています。

 

白などは明るく、また可愛らしくも見えますが

暗めの色だとやはりかっこよく見えますね🎶

 

さて、中には沢山の木材が積まれてあります。

 

現場の様子からも、

木がふんだんに使われていることが分かりますね(o^―^o)

 

壁に見えるグレーのものは断熱材です。

 

セルロース断熱というもので、断熱材を壁に吹きつける事で

隙間なく敷き詰めることが出来ます。

 

この断熱材は、とても高性能なもので

「夏涼しく、冬暖かい」空間を造りあげます!

 

また、高い防火機能も備わっているため

火災保険料まで大幅にカットすることが出来るんです(o^―^o)

 

内海大工です。

 

真剣な表情で、黙々と作業が進んでいきます!

 

こちらはクローゼットです。

 

クローゼットの中も、自然素材の無垢材を使用しています。

 

勿論K様邸だけではなく、どのお宅でも一緒です♪

 

以前、業者の方にも

「ここまで自然素材にこだわっている所は少ないよ。」

と言われました(o^―^o)

 

坂井建設の家づくりは

とことん自然素材にこだわっています!

 

 

 

 

K様邸も、ご家族の想いが着々と形造られていきます。

 

次は、どんな変化が見られてでしょうか。

 

とても楽しみですね🎶

O様邸に行ってきました

こんにちは、広報の古賀です。

 

そろそろ10月も終わりですね(o^―^o)

 

もう年末がやってくるのかと、一年があっという間に感じます💦

 

さて、今日はO様邸のご紹介です。

先日、無事に地鎮祭が執り行われいよいよ着工です!

 

「家」造りと言っても、いきなり柱が建つわけではありません💦

 

まずは家の土台の更に土台である、基礎の部分から始まります!

 

以前からお伝えしている通り、佐賀は軟弱地帯で知られています。

 

家を建てるにあたって、基礎が疎かになると

その上に建っている家が片方だけ傾むいてしまうなど

ひどい場合には、住めなくなってしまう可能性も💦

 

そのため、地盤調査や地盤改良工事はしっかりと

行う必要がいるんです(o^―^o)

 

 

 

 

これから、O様ご家族の「想い」の詰まった

「家づくり」が始まります🎶

 

小さなお子さんもいらっしゃるO様ご家族。

 

一体どんなマイ・ホームが造り上げらるのでしょうか?

 

とても楽しみです!

打ち合わせ

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は天気も良く、過ごしやすい一日でしたね(o^―^o)

 

さて、昨日K様邸にて打ち合わせが行われました。

代表です。

 

講演会から佐賀に戻り、駅から直行です!

 

吉村左官です。

 

現場で打ち合わせが行われる為、

「イメージがしやすい」

と、とても好評です。

 

また、職人さん達とも直接話が出来るため

何か疑問に思ったことがあっても

すぐに解決することが出来ます🎶

 

K様ご夫婦も、真剣です(o^―^o)

 

代表は…カメラ目線(?)が決まっていますね!

 

可愛らしい毬栗頭を撫でているところでしょうか?

 

とっても元気な3兄弟です♪

 

 

 

坂井建設では、打ち合わせをとても大切にしています。

 

お施主様と何度も言葉を交わすことで

お施主様の「家づくり」への「想い」を

きちんと知ることできるからです。

 

坂井建設の考える「家」とは、

「家族との暮らしを護り、幸せを育む宝箱」

なんです🎶

 

お施主様の「想い」を形にする為に

代表は、今日も現場を駆け回っています(o^―^o)

講演会 in 大分・福岡

こんにちは、広報の古賀です。

 

先日、大分と福岡で代表による

講演会が行われました。

代表です!

 

講演会では、多くの工務店の方々と沢山の話をし

より良い仕事が出来るよう、互いに刺激しあいます。

 

また、全国で講演会を行うことで

様々な意見を取り入れることも出来ます(o^―^o)

 

「家づくり」は受け継がれた伝統同じように

新しい技術を学び、取り入れることも大切です。

 

打ち合わせや現場、そして講演会と多忙な毎日ですが

お客様の、より豊かな暮らしのため

代表は今日も駆け回ります(o^―^o)

壁紙

こんにちは、広報の古賀です。

 

坂井建設では「珊瑚」や「ヘルシーカラー」など

自然素材の「塗り壁」が使われています。

 

塗り壁は模様を選ぶことも出来て

とても人気があります。

 

他にも

「壁紙が気になる!」

「塗り壁の部屋と、壁紙の部屋を造りたい♪」

という方も大勢いらっしゃいます(o^―^o)

 

ですが、それと同時に

「壁紙も自然素材なのかしら…?」

と気になっている方も。

 

実際、壁紙には「ビニールクロス」がよく利用されています。

 

ビニールクロスはポリ塩化ビニルを主原料とする壁紙のことです。

 

ほかの壁紙に比べて施工が簡単で

比較的価格の安いものが多いために広く普及しているようです。

 

また、クロスの表には様々なテクスチャーのプリント加工が

施されているのも、人気の理由です。

 

しかし、やはり気になるのは

材料に含まれる化学物質が健康に与える影響ではないでしょうか💦

 

ビニールクロスの急速な普及と共に

ホルムアルデヒドなどの有害物質による

「シックハウス症候群」が社会問題となり

TVなどでもよく耳にする様になりました。

 

 

では、坂井建設ではどうなのでしょうか…?

 

もちろん、自然素材ではないビニールクロスは使用していません。

 

その代わりに使われているのが

京都織物の丈夫なコットン壁紙です。

織物と紙でできていますので通気性や調湿性、

吸音性があるので施工した壁に音が反射しません。

 

また難燃剤、防腐、防かび剤等の薬品処理をしていないので

人と環境に優しい壁紙なんです!

 

更に、壁紙の施工の際には、

100%天然素材の専用施工用でんぷん糊をご使用致します。

 

実は、

「壁紙は自然素材だけど、糊は違います。」

という事もあるんです💦

 

「自分の建てるマイ・ホームには壁紙を沢山使いたい!」

 

という方、壁紙はもちろん、糊にまで注目してみてください。

 

坂井建設は

「本物」の自然素材から造った健康住宅を造り上げます(o^―^o)

窓の力

こんにちは、広報の古賀です。

 

最近、すっかり寒くなってきましたね。

 

今日も風が冷たく、上着なしでは肌寒く感じました。

 

さて、本格的な冬になると

どこのお宅でも暖房機器は欠かせないと思います。

 

ですが、暖房をつけると気になるのが光熱費ですよね💦

 

そこで以前からご紹介しているのが

「アップルゲートセルロース断熱」です(o^―^o)

 

この断熱材を壁一面に吹き付けることによって

隙間なく敷き詰められ、高い断熱性能を発揮します!

(因みに防音や防火、結露防止といった機能もあります。)

 

夏にも冬にも、快適な空間を造り上げてくれます🎶

 

・・・ですが、もう一つ気になる所がありませんか?

 

それはどこなのかと言いますと…『窓』です。

 

隙間風は勿論、窓の近くというのは

どうしても冷気が入りこみ、寒さを感じるのではないでしょうか?。

 

そこで、今日ご紹介するのがLow-Eガラスです。

 

このガラスは、太陽の日射熱を50%以上カットして

夏は涼しく冬は暖房熱を外へ逃がしません。

 

冷暖房効率をアップして、節電にも貢献(o^―^o)

 

更に、紫外線も大幅にカットするので、家具やカーペットの退色も抑えます。

 

 

 

 

「快適な暮らし」の為に、様々な高性能なものが使用されています。

 

「もっと良く知りたいなぁ」と思われたら

見学会や展示場に足を運んでみるのもいいかもしれませんね(o^―^o)

(坂井建設の完成見学会は、年明けを予定しています)

定期アフターメンテナンス

こんにちは、広報の古賀です。

 

台風の影響で、風が随分強く吹いていますね🌀

 

皆さまも、十分にお気を付けください。

 

さて、坂井建設では定期的に

アフターメンテナンスを行っています。

 

 

「壁紙のプロ」渡瀬さんです。

 

 

河野大工もいらっしゃいます。

 

何か不具合が起こった際

「連絡するのが面倒だなぁ…」

「きっと、すぐには修理に来てくれないだろうな💦」

と考えて、不具合も仕方がないこととして

妥協してしまう事はありませんか?

 

ですが高いお金を払い、毎日家族と暮らしている「家」に

そんな妥協はやはりしたくないですよね。

 

因みに、新築のお客様にはお引き渡し以後の

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年

(1年後からは1年に1度の点検)をさせていただきます。

 

また2年、5年、10年の定期巡回は重点的に点検を行います。

 

坂井建設が目指しているのは

「遠慮することない一生のお付き合い」です。

 

だからこそ、アフターケアは決して怠りません!

 

また、家のお手入れ方法のアドバイスも行っております🎶

 

ハピネスホーム坂井建設が目指すのはお客様満足度No.1です(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ