大工魂ブログ

元利?元金?

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は暑い一日でしたね☀

 

さて、先日

 

元利均等返済と元金均等返済ってなんですか?」

 

というご質問をいただきました。

 

費用や金利などの話はよく耳にしますが

返済方法に関してはあまりよくわからない

という方も多いかもしれませんね。

 

では、実際にどのような違いがあるのでしょうか(o^―^o)

 

 

ほとんどの人は元利均等返済

 

「元利均等返済」とはどういうものかというと、

金利が変わらない限り、返済額が常に一定なものです。

 

このとき、返済が進むにつれて

返済額に占める元金と利息の割合が変わっていきます。

 

住宅ローンでは、

 

「初めは利息ばかり払っている」

 

ということを、

みなさんも耳にしたことがあるかもしれませんね。

 

初めのうち利息の割合が多いです。

 

返済が進むにつれて利息分が占める割合が

どんどん減っていくことになり、

返済額に占める元金と利息の割合が変化します。

 

つまり、金利が変わらない限り毎月の返済額が一定

 

元金と利息の合計を均等に返済していくので、元利均等返済と

呼ばれます。

 

 

もう1つの住宅ローン返済方法、元金均等返済

 

こちらについては詳しく知る機会が少ないかもしれません。

 

これはどのような返済方法かというと…

住宅ローンで借りた借入額の元金を

毎月均等に返済していくという方法です。

 

例えば、2400万円を20年で返す場合、元利均等返済

であれば、元金の年間返済額は120万円になります。

 

それに対して利息分が毎月変化していくことになります。

 

元金の返済が進むにつれて利息は減っていきますので、

一番初めの年の返済額が一番高くなります。

 

つまり、住宅ローンの返済額が毎月減っていくということです。

 

ですから、将来的に教育費などの支出が増える時期に

住宅ローンの負担を減らしたい、という考えの方に向いている

返済方法だと言えます。

 

 

元利均等返済と元金均等返済、どちらが有利なのか?

 

住宅ローンの借入額2000万円返済年数35年、金利は

最初から最後まで、ずっと2%という条件で比較してみます。

 

:元利 ・・・ 当初 66,262円 / 月

総支払額 27,825,861 円

 

:元金 ・・・ 当初 80,952円 / 月

総支払額 27,016,463円

 

→差額  約 81万円

 

このように、単純比較すると元金均等返済のほうが有利に

なりました。

 

しかし、例えば元利均等返済で

毎月約81000円返済するとすれば…

 

返済期間は35年から27年へ短縮でき

元利均等返済のほうが約110万円も

返済額を抑えることができます!

 

 

 

 

 

・元利均等返済は金利が変わらない限り返済額は一定

 

・元金均等返済は初めが1番返済額が多く、毎月減っていく。

 

・単純比較では、元金のほうが有利

 

・返済額をそろえると、元利のほうが有利

 

坂井建設では、資金の相談を承っています😊

 

よりお客様に合わせたプランをご提案いたしますので

お気軽にお問い合わせくださいm(__)m

 
無料資料請求・お問い合わせ