大工魂ブログ

サイディングとは?

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて、坂井建設の「家づくり」と言えば「木の家」です🌲🌲🌲

 

ですが今日は、外壁に多く使われている

「サイディング」についてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

「サイディング」にはいくつか種類があり

広く使われているのが、セメントを原料として工場生産された

「窯業系サイディング」です。

 

今では多くの家でサイディングを使っているので

見たことが有る方も多いと思います😊

 

サイディングの特徴としては

外壁の種類と色の多さが一番の特色です🏠

 

サイディングのカタログは何十ページも続き

デザインの種類の多さは他の外壁材に比べて群を抜いています。

 

また、サイディングには14ミリとか16ミリといった

何種類かの厚みがあり、厚みがあるサイディングの方が

表面の凹凸が多くて高級感✨があるものが多いです。

(厚いほうが金額も高くなります。)

 

他にも…

  • 耐水性に優れている
  • 耐天候性に優れている
  • 工場生産なので品質が安定している
  • 価格がおさえられる

 

というメリットも!

 

こういった理由から、現在では多く住宅で採用されています。

 

一方、サイディングの注意点としては…

工事現場で工場生産されたサイディングを繋ぎ合わせるので

外壁にサイディングを使うと必ず継ぎ目(目地)ができます。

 

上の写真をよ~く見てみると、

継ぎ目があるのが、なんとなく分かります💦

 

この目地がどれだけ目立たないものを選ぶかが

サイディングを使う時のポイントになってきます😊

 

また、サイディングは塗り壁と比較すると

経年劣化しにくいと言われていますが

時間が経てば経つほど劣化して色あせていきます。

 

そのため、時間が経つほど見た目と性能の劣化が激しくなり、

継ぎ目の補修やサイディングの再塗装などの

「メンテナンス」が必要となります。

 

最近では、汚れや色あせを防ぐ効果がある

サイディングが増えているので

メンテナンスが気になる場合は

こういったサイディングを使用するのもいいですね😊

(ただし、金額も高くなります💦)

 

また、サイディングは安ければ安いほど

家の外観も安っぽくなりがちです😢

 

サイディングが高いほど

凹凸があり外観に陰影がつくので

継ぎ目も目立たず高級感が出やすいのも特徴の一つです。

 

内装材に比べて、外壁は…

 

「仕様決めの段階で始めてどんな外壁材か知った💦」

 

など、意外と後回しになってしまいがちです。

 

ですが、外壁は金額も大きいです。

 

すでに希望する外壁がある(塗り壁など)場合は特に

どんな外壁材があるのか

あらかじめ確認しておくと安心ですね😊

 

 

 

 

S様邸完成見学会

 

日程:2019.5.25(土)・26(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市川副町

 

1日7家族様限定予約制となっております<(_ _)>

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

無料資料請求・お問い合わせ