大工魂ブログ

事務手数料や保険料って? ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、先日ご紹介した

「事務手数料・保険料」に関しての続きです(o^―^o)

 

さて、手数料には「事務手数料」と「保証料」があります。

 

その為、諸費用を先日ご紹介した「事務手数料」だけで選ぶと

返済負担が大きくなってしまいます。

 

というのも…

 

ネット銀行の場合

➡事務手数料:5万円~融資額の2.1%

 保証料:無料。

 

大手都市銀行の場合

➡事務手数料:3万円

 保証料:金利を0.2%上乗せ(約50万円~150万円ほど)

 

特に保証料の負担は、「金利0.2%上乗せ」

と、一見安そうに見えますが、返済までにかかる費用が

100万円を超えることも多いため、注意が必要なのです。

 

諸費用だけを考えればネット銀行の方がお得と言えます。

 

 

:負担の大きいローン保証料

 

諸費用のなかでもっとも負担の大きいローン保証料💦

 

ローンを返済できなくなったときに備えて

ローン保証会社に支払うお金がローン保証料です。

 

 

ローン保証料の支払い方法には、

大きく分けて一括前払い型と利息組み込み型の2つがあります。

 

一括前払い型

ローン契約時に保証料をまとめて支払う方法

 

利息組み込み型

ローン保証料をローンの金利に組み込んで支払う方法

 

返済期間中、0.2%程度を金利に上乗せして払います。

 

利息組み込み型は、一時金がかからないのがいいところですが、

一括前払い型に比べて総返済額が多くなってしまうのが難点です。

 

結果として…

 

「金利の低い住宅ローンを選んだのに

保証料が利息組み込み型で0.2%ということは…

保証料が無料のところの方が実質の金利は低くなっていた😢」

 

ということも少なくないようです。

 

 

:ネット銀行の住宅ローンは保証料が無料の場合が多い。

 

ローン保証料の金額は、金融機関がどこの保証会社を利用しているか、

そして、融資額、返済年数、返済方式などによって変わります。

 

また、一部には保証料無料のローンもあります!

 

ネット銀行の場合は

保証料が無料の場合が多いため、人気があります。

 

また、この保証に関してひとつ気を付けておきたいポイントが!

 

万が一、ローンの返済ができなくなったときには

ローン契約者に代わって、保証会社が残債を支払ってくれます。

 

しかし、返済が免除されるわけではありません。

 

ローン保証会社は残債を一括返済した後、

ローン契約者のもとに資金を回収しにきます。

 

ここでお金が用意できなければ、

住宅を競売や任意売却など処分して、返済を求められます。

 

つまり、ローン保証料は「ローン契約者」のためというよりは

金融機関が、資金回収のリスクを負わないために

支払っているものなんです。

 

その保証料をローン契約者が負担しているというわけです。

 

万が一の話ですが、しっかり覚えておきたいですね💦

 

 

 

 

 

N様邸完成見学会

 

日程:2019.4.6(土)・7(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀県三養基郡

 

1日7家族様限定予約制となっております<(_ _)>

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

無料資料請求・お問い合わせ