大工魂ブログ

旗竿地の注意点①

こんにちは、広報の古賀です。

 

「家づくり」において、土地探しは重要なポイントですね(o^―^o)

 

ですが、いざ探してみると

希望の地域に、なかなか良い土地がなかったりしませんか?

 

もしくは、値段が予算から大幅にオーバーしていたり…💦

 

そんな時に「旗竿地」を見かけることもあるかもしれません。

 

「旗竿地」とは、文字通り旗のついた竿の様に見える土地の事です。

 

 

特徴的なのは、その形と

比較的安価な坪単価でしょう!

 

しかし、坪単価の安さに惹かれて購入すると

「こんなはずじゃなかった・・・」

・・・となってしまうかもしれません。

 

旗竿地は、文字通り旗竿のように細長い敷地で

道路と接続しているので、その細い敷地部分は

駐車場や通路として使用することになります。

 

法律上は、道路に2m以上接していれば良いことになっていますが

幅が2mの場合、軽自動車を停めるだけで

既に余裕がなくなってしまいます😢

 

車を複数台所有している場合は縦列駐車になるので

出し入れがかなり不便💦

 

さらに自転車も使用する場合

車の横の通路に余裕がないと

車をこすってしまう可能性がありますよね。

 

また、旗竿地は奥まっている場合が多いので

日当たりが悪い場合も多く、

隣地も近い為プライバシーや騒音で

悩みが発生してしまうケースもあります。

 

デメリットも多い旗竿地ですが、

デメリットをしっかり理解して、

住んでから後悔の無い土地選びをすることが大切です。

 

では、その注意点とはどんなものが

あるのでしょうか?(次回に続きます!)

 
 
無料資料請求・お問い合わせ