大工魂ブログ

地盤調査って??

こんにちは、広報の古賀です。

 

土地を探す場合、気になるポイントの一つは

「地盤」ではないでしょうか?

 

以前からお伝えしている通り

佐賀は「軟弱地盤」で有名な県です💦

 

だからこそ、しっかりと「地盤改良工事」についても

考えておきたいですね(o^―^o)

 

本日は、工事の前の「地盤調査」について

少しご紹介したいと思います🎶

 

 

地盤調査の3つの方法

 

◎スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)

 

building_jiban_chousa

 

 

↑ 木造住宅でよく使われる方法です。

 

先端がキリ状の器具に荷重をかけ、25cm下がるまでに

ハンドルを何回転させたかによって、地盤の強さを表します。

 

因みに、深度10mまで測定することができます!

 

費用は比較的安価で、1か所を調査する場合2万円前後です。

 

通常は5か所を調査するので、5万円から10万円ほどですね。

 

 

◎ボーリング調査

04ilal11

 

ボーリング調査は最も基本的な地盤調査方法です。

 

ただし、正確な地盤調査ができる反面、かなり費用がかかるため

RCの中規模以上の建物を建てる場合はこの方法を使いますが、

一般の木造住宅ではほとんど使われません💦

 

高台の場合は30万円前後、低地の場合は80万円ほどになることもあるそうです。

 

調査方法は、先端にサンプラーを取り付けたロッドの上に

63.5kgの重りを76cm自然落下させて打撃します。

 

サンプラーを地面に30cmめり込ませるのに要する打撃数を

N値といい、それによって地耐力がわかります。

 

また、同時にサンプラーで土を採取し

砂質土なのか、粘性土なのかを調べることができます。

 

 

 

 

 

「家づくり」というと、どうしても柱を建てていく様子を

思い浮かべてしまうのではないでしょうか?

 

ですが、「安心して暮らせる家」には

「地盤」調査は欠かせないものです。

 

残りは1つ!(o^―^o)次回に続きます…

無料資料請求・お問い合わせ