大工魂ブログ

寝室の広さ

こんにちは、広報の古賀です。

 

家の間取りを考える時

「いずれ、高齢になったときの寝室の

必要なスペースはどのくらいでしょうか?」

と心配される方もいらっしゃると思います(o^―^o)

 

では、実際にどのくらいの広さが必要なのでしょうか?

 

一般的に高齢になるにしたがい足腰が弱くなるため

今回は、体に負担の少ないベッド就寝を前提とします。

 

高齢になった時の寝室は就寝だけでなく、テレビをみたり

読書したり、手紙を書いたり生活の中心となることが考えられるため

テレビ・机・ベッドサイドテーブルなどを置くスペースが必要になるでしょう!

 

更に、万が一介助が必要となった時の介助スペース

ベッドメーキングスペースのために、ベッドの両サイドに50cm程度のスペースも

必要になることが考えられます。

 

椅子スペースも考慮すると最低6帖以上

 

また、車いすの利用を考えると、回転スペースとして

直径1.5m程度の空間も確保したいものです💦

 

こういったことから

車いす利用や介助が必要となることも視野に入れた場合の寝室は

約6帖程度となるようです。

 

ただし、この面積にクローゼットは含まれません。

 

高齢者の居室は快適な場所に設ける

 

部屋が8帖、9帖と広くなるにつれ

介護者用のベッドにも使えるソファーベッドを入れることができたり

趣味を行うスペースができるなど利点も増えます。

 

その他の注意点

 

居間も兼ねる使い方をするため

やや広めで窓が大きく明るい方が過ごしやすいでしょう(o^―^o)

 

またバルコニーや庭に直接出られる窓があると

布団を干しやすくて便利です♪

 

ですが、窓際にベッドを置くと外の気温変化の影響を受けやすく

地震の際にガラスが飛び散って危険なので

ベッドは窓から離して配置するようにしましょう💦

 

 

 

 

最低でも1室は6帖以上の広さがある間取りを選び

「今はまだ 介護を受けるかなんて考えられない」という若いご夫婦でも

何室かある個室のうち、最低1室は6帖以上の広さがあれば、将来安心です🎶

 

無料資料請求・お問い合わせ