大工魂ブログ

家づくりで最も圧縮すべきコストとは? ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

「家づくり」をスタートさせると

必ず資金計画を立てることから始まります。

 

「無理ではないはず!」

 

と思って高めの金額でローンを組んでしまうと

実際の返済が始まった時に

急な出費などで生活が圧迫されてしまう事も考えられます。

 

また、毎月の返済金額が7万円で抑えられるのと、

10万円も支払うようになるのとでは、

35年間という長い長い返済期間を合計すると、

1260万円も自由に使えるお金が違ってくることになります。

 

また、この3万円を毎月ただ貯めるだけじゃなく、

節税機能も兼ね備えた金融商品に預けていくとなれば、

その差はおそらくもっと開くことになるでしょう。

 

 

日本は、少子高齢化問題にともない

社会保険料や税金の負担は増え

年金の受給金額は減っていくでしょう。

 

それゆえ、確実に不足するであろう将来の資金を、

自分自身でしっかりと確保するためにも、

節税、運用を行いながら貯めていく必要があります。

 

 

だからこそ、一生も最も大きな買い物と言われる

「家」に関して、無駄のない計画が必要です。

 

 

最小限の予算で家づくりをするための基礎知識

 

「家づくり」の予算を抑える=建築費用を最小限に抑える

と考えがちです。

 

もちろん、それはそれで大切なことの1つです。

 

ですが、家の費用を最小限に抑えることが出来たとしても、

考えるところは、それだけではありません。

 

「家づくり」の費用を最小限に抑えるためには、

土地にかける費用も圧縮しないといけないですし、

同時にまた庭にかける費用も圧縮しないといけません。

 

つまり、土地、家、庭、の3つ全てを

最小限の予算で手に入れるように

しなければいけないということです🏡

 

もちろん、やみくもに費用を圧縮したのでは、

住みにくかったり使いづらかったり、不便だったり…

してしまいますね💦

 

それでは今後の暮らしに支障をきたしかねないので、

住みやすさや使いやすさ、利便性などを、

損なうことなく実現することを前提として考えていきましょう。

 

 

土地予算を最小現に抑えるために知っておくべきこと

 

土地にかけるお金を最小限に抑えようと思うと、

まずは、知らず知らずの間に受け入れてしまっている

土地に関する常識や当たり前を

疑ってみることから始めなければいけません。

 

では、どんなポイントがあるのでしょうか…?

(②へ続きます!) 

無料資料請求・お問い合わせ