大工魂ブログ

土地購入の諸費用 ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

昨日『旗竿地』についてご紹介しましたが

土地購入の際には諸費用が掛かります💰

 

今日は、その諸費用に関して

おさらいしていきたいと思います(o^―^o)

 

 

 

一般的な土地購入費の費用とは?

 

土地購入代金の5%から10%が

土地の諸費用と一般的に言われています。

 

しかし実際には土地によって様々で、

購入価格の何パーセントという計算では試算できません。

 

そこで実際の数字を使った例や個々のケースを見ていきながら、

かかっている費用などを確認していきましょう😊

 

 

購入時にかかる費用

 

〇 仲介手数料

 

不動産会社を介して土地を購入する際には

仲介手数料が発生します。

 

計算方法は土地の売買価格に対して3%+6万円です。

 

この費用には消費税もかかります。

 

もし不動産会社の所有する土地を直接購入する場合、

この仲介手数料が不要になるためかなりの費用節約ができます。

 

 

〇 登記費用

 

所有権移転に関する登記費用には、

司法書士に支払う報酬費と登記にかかる登録免許税があります。

 

司法書士の手数料の一般的な額は6万~8万円という印象ですが

日本司法書士連合会が発表している報酬費のアンケート

対象地域の平均を調べることができます。

 

登録免許税はその土地の売買価格ではなく

評価額に対して計算されます。

 

登記申請時に収入印紙で納付します。

 

 

〇 測量費、表示登記費用

 

購入する土地につき、

境界を明確にし実測値による面積で取引をする際、

又は対象地の一部を分筆して購入する場合には

土地家屋調査士に依頼し、

確定測量費と表示登記申請費用がかかります。

 

測量費用については基本的に売主が負担することが一般的ですが、

買主が実測取引を希望する場合などは

その費用を負担することになります。

 

これらの費用は土地の場所(市街地か郊外、山岳地など)

広さ、形状、隣地とのポイントの数、

接面する公用地の種類(道路、水路、里道など)

により違ってきます。

 

隣地の協力も必要です。

 

協力が得られず難航する場合は

多額の測量費になることもあります。

 

購入前に土地家屋調査士に

費用について相談することをお勧めします。

 

〇 農地の転用が関係する場合

 

農地を宅地にするには農地法に基づく許可、

又は届出が必要です。

 

この届出や許可については行政書士に依頼します。

 

費用は10万円~20万円くらいです。

 

宅地への転用許可が下り、実際に宅地になった際には

土地家屋調査士に「土地の地目変更登記」も

依頼しなくてはいけません。

 

土地1筆につき3万円から4万円が一般的な費用です。

 

 

〇 ローン手数料や印紙代

 

ローンを利用して購入する場合には、

ローンの手数料と抵当権設定の登記費用もかかります。

 

また契約書に貼付する印紙代も必要になります。

土地の測量にもお金はかかります。

 

 
無料資料請求・お問い合わせ