大工魂ブログ

台風後のチェック

こんにちは、広報の古賀です。

 

台風が過ぎ去り、風もやんできました。

 

まだまだ警戒が必要な地域や

これから直撃する可能性のある地域もありますので

被害が最小限に収まることを祈るばかりです。

 

さて、台風通過すると

家にもダメージが加わっています。

 

そこで今回は

台風後にチェックしときたいポイントをご紹介します(o^―^o)

 

 

  • 屋根瓦

まずは、屋根瓦のずれをチェックしましょう。

 

強風の影響で瓦がずれてしまうと、

雨漏りにつながってしまいます。

 

すぐには気づかなくても、後々水が浸入する危険も😢

 

仮に家の中に水が侵入すると

建物自体の劣化が一気に進んでしまいます💦

 

更に、瓦が不安定な状態にあると

次の台風時や強風が吹くことによって

飛んでいってしまう可能性があります。

 

周辺の家や歩行者に被害が出る可能性が十分にあるので

早めの補修が必要です🏡

 

 

  • 雨漏れ

まずは、ユニットバスの天井裏や給気口周辺を調べましょう👀

 

特に、天井裏に変色があれば、

雨漏りが起こっていることになります。

 

また、給気口周辺が濡れている場合も

雨水が入りやすくなっている可能性があるので

腐食していないか、日常的にチェックしておきましょう。

 

台風が通過し、数時間ほどたってから

確認しておきたいのが壁のシミです。

 

シミがある場合は、家の内壁にまで

水が浸入していることになるため

できるだけすぐに処置するようにしてください🏡

 

続けて台風や大雨がくれば

更に被害が拡大してしまします💦

 

 

  • 雨どい

風によって飛ばされた木の葉が

雨樋に溜まっている場合があります。

 

そうすると、葉が排水口を塞いでしまうことで

雨樋が機能しなくなってしまい、水がうまく流れず

あふれ出てしまう可能性があります☔

 

そのため、雨樋に木の葉が溜まっている場合には

はすぐに掃除して取り除くようにしましょう😊

 

 

  • ガラス

窓などのガラスに、傷などがある場合は

二次災害につながる可能性が大きいです。

 

仮に、何かしらの衝撃が加われば

弱っていたガラスが割れて、飛び散るリスクがあります。

 

傷があった場合は、すぐに交換するか

無理な場合は、飛散防止用のフィルムを貼るなどしましょう。

無料資料請求・お問い合わせ