大工魂ブログ

壁紙・塗り壁の選び方

こんにちは、広報の古賀です。

 

雨はいったんおさまりましたが

冠水の被害などがニュースで流れてきます。

 

河川や土砂崩れなど、まだ危険な地域もありますね。

 

皆様も、十分にお気を付けくださいm(__)m

 

さて、今日は「壁紙・塗り壁」の選び方についてです(o^―^o)

 

(佐賀市S様邸木の家:珊瑚の塗り壁)

 

完成見学会を行うと、ご来場いただいたお客様から

ご質問をいただくことの多いのが

「壁紙・塗り壁」についてです。

 

どんな素材、どんな色に囲まれて生活するかは

皆さん関心の高いところですし、

それだけ目に入ってくることの多い部分なのです。

 

 

:色選びのポイント

 

濃い茶色・黒・紺などはモダンでおしゃれな印象で

部屋の雰囲気をグッと落ち着かせてくれます。

 

 

(佐賀市U様邸木の家:ヘルシーカラー)

 

寝室や書斎に使用されている方がおおいです。

 

反対に「白」は開放的な空間にしてくれますが

パールホワイト、オフホワイト、アイボリー、ベージュに近い白など…

様々な「白」がありますね🏡

 

 

また、部屋によって得意分野があります。

 

・真っ白に近い白:北側の部屋や、明るさの欲しい場所

 

・ベージュに近い白:リビングなど、人が長く過ごす場所

 

夜も明るすぎると、ホルモンの分泌が妨げられ

メラトニンの分泌が妨げられるそうです。

 

夜まで過ごすリビングは、壁紙の色や光量の調節できるシーリングで

明るすぎないように工夫しましょう。

 

 

:アクセントクロスを選ぶ場合

 

色味のある壁紙をアクセントに選ぶときのポイントは、

全体に貼るとサンプルを見た時よりも薄い印象になるので、

濃い色を選ぶ、ということです。

 

全体に色を用いた場合・・・淡くて優しい印象ですね。

(レバンテ)

 

アクセントに用いる場合は、はっきりした色を。

(佐賀市K様邸木の家)

 

和室に使っても◎✨

 

 

:クロスはほとんどがビニール製

 

ここで素材の話になりますが、布調のものや塗り壁調のものも、

クロスはほとんどがビニール製です。

 

※坂井建設では、ビニールクロスは使用していません。

 

ビニールのいいところは、色・柄の種類が豊富で

汚れが落ちやすいところです。

 

欠点は、「呼吸しないこと」。

 

そして、接着剤を使用することです。

 

因みに…

健康にこだわって自然素材の壁紙にしても、

貼りつける際につかう接着剤までこだわらなければ

健康にこだわる意味がなくなってしまいます。

 

坂井建設では、使用する糊にもこだわり

壁紙の施工の際には

100%天然素材の専用施工用でんぷん糊をご使用します🏡

 

 

:塗り壁のススメ

 

お勧めに、「サンゴの塗り壁」があります。

 

(佐賀市M様邸木の家:珊瑚の塗り壁)

 

私たちが暮らす日本の風土には、

湿度調節をしてくれる塗り壁が適しています。

 

先人の知恵ですね。

 

ダニやカビからも家と住む人を守ってくれます。

 

さらに、サンゴは多孔質でホルムアルデヒドなどの

化学物質を吸着・分解し「呼吸する」ことで

浄化された空気を排出。

 

自然に囲まれて生きてきた昔の人にはなかった様々な病が

現代人を蝕んでいます。

 

自然環境を身の回りに取り戻すのは難しくても

長い時間過ごす空間を

自然に近い形にしてあげることは可能です。

 

快適なうえで、さらに安全・安心な住環境づくりに

取り組んでみると、良いかもしれませんね😊

 
無料資料請求・お問い合わせ