2020年04月

和室のメリット・デメリット ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は昨日の続きです(o^―^o)

 

 

デメリット:掃除

和室のデメリットの一つに、洋室に比べて

掃除が大変という点が挙げられます💦

 

畳には隙間があるため

板間のように掃除機をかけるだけでは、十分ではありません。

 

そのため、雑巾で乾拭きする必要があり

畳の傷みが進めば表裏を入れ替えたり

新調したりすることが必要です🏡

 

デメリット:家具が置きにくい

和室の用途にもよりますが

場合によっては、

ある程度重さのある家具などを置くこともあるかもしれません。

 

タンスや棚などを置く場合に気を付けておきたいのが

やはり、畳です💦

 

畳の表面は柔らかいため

長時間重たいものを置いておくとへこんでしまい

跡がついてしまいます😢

 

その場合は、家具の下に敷物を敷いておくなどの

対策をしておきましょう!

 

 

 

和室は、現在必ずしも求められるものではありません🏡

 

ですが、あると便利な事は間違いないでしょう。

 

更に、和室にもは…

独立したもの

リビングから続いているもの

小上がりになっているものなど

様々な和室があります。

 

和室を検討されている方は

なぜ必要なのか…

優先順位は?

将来の使い道はどうするか…

などをしっかりと考えてみてください😊

 

 

 

 

 

完成見学会開催

 

日程:2020/5/23(土)24(日)30(土)31(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市川副町 K様邸🏠✨

(S様邸完成見学会)

 

「完成見学会気になるなぁ。」

 

という方は、是非お見逃しなく✨<(_ _)>

 

 

また、当日はコロナウィルス感染予防として

以下の対策を行っております。

 

スタッフ

  • マスク・手袋着用
  • 手指のアルコール消毒
  • 検温
  • 室内の換気

 

お客様へのお願い

  • 手袋の着用(使い回しはしておりません)
  • 手指のアルコール消毒
  • ご予約(弊社HPよりご予約お願いいたします)

 

今回の見学会では、1日5家族様限定とさせて頂いております。

 

ご来場の時間を分けてご案内いたしますので

必ずご予約をお願いいたしますm(__)m

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

 

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

 

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

和室のメリット・デメリット ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

家を建てるきっかけには

今住んでいる家が狭くなった、という理由がとても多いです🏡

 

だからこそ悩むのが、部屋数や広さですね。

 

広いリビングにしたい

キッチンを家族で使えるぐらい大きくしたい

狭くてもいいから、子供部屋を作ってあげたい

 

などなど、沢山の希望があると思います。

 

一方で、部屋の中でも『和室』を作る方は少なくなっています。

 

ですが、やはり『和室』を必要とされる方も

いらっしゃいますね。

 

そこで今回は

『和室』のメリット・デメリットをご紹介いたします(o^―^o)

 

(佐賀市T様邸木の家:和室)

 

メリット:様々な用途に使える

 

和室は必要に応じて、幅広い用途に使うことができます🏡

 
  • 客間

来客時に、柔軟に対応できるのが和室です。

 

リビングだと、生活の様子が見えてしまうため

なんとなく気が引けてしまいますが

和室であれば、普段は生活スペースとして使用していても

来客時には応接間として、もしくは寝室として

使うことができます!

 

特に、ご両親やご友人が遊びに来た際には

和室が大活躍です😊

 

 

  • 子供の遊び場

「子供が小さいから、部屋でも遊べるようにしたい」

 

と思っていても、リビングに玩具が散乱していると

どうしても気になりますね💦

 

実は、子どもの遊び場としても大活躍してくる和室。

 

赤ちゃんであっても、畳フローリングと比べて

子どもが転んでけがをする心配を軽減してくれます。

 

  • リラックススペース

「ちょっと疲れたから、横になりたいな…」

 

と思った時に、和室があるとすぐ横になることができ、

フローリングのように硬くないのも嬉しいですね😊

 

また、和室に入ると

なんとなく落ち着いた気持ちになれる方も多いでしょう。

 

畳の素材であるイ草の香りには、

人をリラックスさせる効果の成分が含まれていたり

空気の浄化作用もあるそうです。

 

部屋の中で、森林浴をしている感じですね🌲

 

冬にはこたつを出して、家族でくつろぐのもいいでしょう🏡

 

また、洗濯物を畳むときや、

アイロン掛けをする際などにも使えて役立ちます!

 

 

メリット:様々な雰囲気を楽しめる

和室を躊躇する方の中には

経済的な理由の他に、

雰囲気が合わないと感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ですが、今では様々な色の畳もあり

家の雰囲気に合わせることも可能です🏡

 

 

例えば、写真のように黒やグレーの畳を使うと

モダンな和室が完成です✨

 

 

メリット:収納

実は、収納面でも和室にはメリットがあります。

 

和室の収納と言えば『押入れ』…。

 

押入れは、布団や座布団などを収納するためのものです。

 

「来客用の布団をどこにしまっておこう💦」

「冬用の布団やこたつ布団を片づける場所がない💦」

 

と困ったことはありませんか?

 

そんな時は、和室の押し入れにしまっておけば

収納場所に困ることもありませんね。

 

もちろん布団以外にも、

季節家電やひな人形などを片づけておくにも◎です😊

 

 

 

 

 

完成見学会開催

 

日程:2020/5/23(土)24(日)30(土)31(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市川副町 K様邸🏠✨

(S様邸完成見学会)

 

「完成見学会気になるなぁ。」

 

という方は、是非お見逃しなく✨<(_ _)>

 

 

また、当日はコロナウィルス感染予防として

以下の対策を行っております。

 

スタッフ

  • マスク・手袋着用
  • 手指のアルコール消毒
  • 検温
  • 室内の換気

 

お客様へのお願い

  • 手袋の着用(使い回しはしておりません)
  • 手指のアルコール消毒
  • ご予約(弊社HPよりご予約お願いいたします)

 

今回の見学会では、1日5家族様限定とさせて頂いております。

 

ご来場の時間を分けてご案内いたしますので

必ずご予約をお願いいたしますm(__)m

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

 

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

 

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

 
 
 

完成見学会のお知らせ

こんにちは、広報の古賀です。

 

大好評いただいたおります

弊社主催の完成見学会の開催が決定いたしました(o^―^o)

 

(K様邸完成イメージ:平屋の住宅「木の家」)

 

毎回、沢山の方から

「見に来てよかったです😊」

「実際に見たら、イメージが湧きやすい!」

「また、相談させてもらいたいんですが…。」

「次の完成見学会はいつですか?」

 

と、嬉しいお言葉を頂いております!

 

そして今回も、お施主様のご厚意で

二週連続完成見学会を開催させて頂けることになりました。

 

また、当日はコロナウィルス感染予防として

以下の対策を行っております。

 

スタッフ

  • マスク・手袋着用
  • 手指のアルコール消毒
  • 検温
  • 室内の換気

 

お客様へのお願い

  • 手袋の着用(使い回しはしておりません)
  • 手指のアルコール消毒
  • ご予約(弊社HPよりご予約お願いいたします)

 

今回の見学会では、1日5家族様限定とさせて頂いております。

 

ご来場の時間を分けてご案内いたしますので

必ずご予約をお願いいたしますm(__)m

 

日程:2020/5/23(土)24(日)30(土)31(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市川副町 K様邸🏠✨

(S様邸完成見学会)

 

「完成見学会気になるなぁ。」

 

という方は、是非お見逃しなく✨<(_ _)>

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

 

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

 

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

家の形 ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続き『家の形』です(o^―^o)

 

(佐賀市N様邸:木の家)

 

コの字型、L字型など、角の多い家

 

L字型やコの字型になれば

四角い家と比べ壁を新たにつくる必要があります🏡

 

つまり壁が増えた分材料が増えます。

 

材料が増えるだけではなく、角が増えるので、

角を処理する為の手間も必要になります。

 

依頼する会社によって違いますが、角が1個所増えるだけで、

10万円から20万円ほど金額に差が出ますから、

これはバカに出来ない金額となります。

 

しかし、コの字型やL字型は、以下のメリットがあります。

 

  • デザイン面で優れた、見栄えのする家にすることができる
  • 複雑な土地や地形に対応できる
  • 採光を工夫できる
  • 開放感のある中庭をつくることができる
  • 風通しがよくなる

 

平屋の家

 

(佐賀市H様邸:木の家)

 

平屋とは1階だけで2階の無い家のことをいいます。

 

年配の方に人気でしたが

現在は、子育て世代の方にも大変人気な形です🏡

 

 

さて、平屋のメリットは…?

 

  • 生活導線が短く暮らしやすい

 

平屋の一番のメリットは、移動が楽ということにあります。

 

無駄な段差もなく、

一般的に建物の構造自体が非常に単純であるため、

建物全体を楽に移動することが出来ます。

 

特に小さなお子様がいる場合は

目の届く範囲内にいることが多いですし、

階段から落ちる心配もないため安心感を得ることが出来ます。

 

また、掃除もしやすく、布団などを干すのも楽にできるでしょう。

 

  • 建物のメンテナンスがしやすい

 

平屋建ては足場が必要ないので

簡単に屋根に上がることが出来ます。

 

そのため平屋は、

2階建てより安い価格でメンテナンスを行なうことが出来ます。

 

  • 年をとっても無理なく過ごせる

 

年を取ると階段を使って2階に移動するのは大変💦

 

その点、平屋は段差がないので、

年をとっても無理なく過ごすことが出来ます。

 

  • 開放的で風通しがよい

 

平屋の場合はその構造がゆえに

窓を開けると風が家全体を吹き抜けます。

 

また平屋は2階へ続く階段もないため収納を増やすなど、

ワンフロアというスペースを

最大限有効的に活用することが出来ます。

 

  • 家族とのコミュニケーションをとりやすい

 

平屋はどこにいても家族の存在を感じることが出来ます。

 

家族がリビングに集まる機会が多いため自然と会話が生まれます。

 

  • 平屋で気を付けること

 

平屋は夜窓を開けて寝る、なんてことはうかつにできません。

 

防犯には十分に注意する必要があるでしょう。

 

そして、平屋は意外とコストがかかります。

 

基礎や屋根が大きくなるため

初期投資が必要です🏡

 

資金計画や土地の確保を

しっかり検討することが重要です😊

 

  • 復層階の建物と比べて構造的に強い

 

高さがなく、軽い為に風や地震などの

影響を受けづらいメリットもあります。

 

 

まとめ

 

今回は、それぞれの家の形によるメリットを主に紹介しました😊

 

形が変われば家の表情も変わります🏡

 

好みだけではなく、様々な要素を知ったうえで

家の形を決められるといいですね。

 

家の形 ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

家と言われると、どんな形の家を思い浮かべますか?

 

「家づくり」には何かと予算がついて回ります。

 

一般的には家の形で価格に違いがあるのをご存知ですか?

 

今回は、家の形の違いでどんなメリットがあるのか、

または価格の違いがあるのかお話します(o^―^o)

 

(佐賀市S様邸:木の家)

 

住宅の価格や仕様は住宅会社によって異なりますが、

一般的には家の形により、価格にかなりの幅がうまれます。

 

まずは、一番「お金のかからない」家の形です🏡

 

 

四角い形をした総2階の家

 

「家づくり」の中で一番お金がかからない家の形は

四角い形をした総2階の家です。

 

非常にシンプルな形をしている為、

材料に無駄がなく建物にかかるお金を抑えることが出来ます。

 

総2階の家とは、2階建ての建物で、2階の面積が1階と同等、

もしくはほとんど同じ家のことを指します。

 

  • 総2階建ての家は、他の形の建物と比べ価格が安い

 

やはり総2階建ての一番のメリットは価格が安いことです😊

 

家の形に特にこだわりがなく、

価格を抑えた「家づくり」をされたい方は

迷わず総2階建ての建物を選ぶと良いでしょう🏡✨

 

また、建てた後に生じる将来の

外部メンテナンスにかかる費用も少なくて済みます。

 

つまり、総2階建ての建物は経済性に優れた建物だ

ということを意味します😊

 

  • 総2階建ての家は、地震など耐震性に優れている。

 

一般的に建物は真上からの重さに対しては、

柱で支えることが出来るので優れていますが、

横からの力には非常に弱い傾向があります💦

 

その点、総2階建ての家は、

建物の横から来る力が上の階と下の階同じ場所にある為、

地震時の横揺れや

台風の時の横からの強風に強い形の建物となります。

 

ただし、必ずしも耐震性がいいわけではなく、

もちろんその他の要素も大きく関わってきます。

 

例えば外壁の凹凸が多くなるほど耐震性に弱くなり、

また経済性も落ちてしまいます。

 

  • 太陽光パネルを設置しやすく、機能性を高めやすい

 

総2階建ての建物では、

屋根を有効に活用することが出来ます。

 

屋根などにのせる太陽光パネルを使用する時に

最大限のメリットを発揮します。

 

また、壁面に凹凸がなく死角が少ないため

防犯上も優れた建物と言えるほか、

屋根の形も単純な形となる為他の形の建物と比べて

雨漏りの原因が減ります。

  

  • 熱損失が少ない

 

総2階建ての建物は建物の凹凸が少ない分

屋根や壁の面積が少なくなります。

 

一般的に建物は凹凸が多いほど

外部の熱環境の影響を受けやすく断熱性が低下します。

 

総2階建ての建物は建物の構造上、

熱損失を最小限に抑えられる為、

その分熱損失が少なくなります。

 
 
 

使いやすく片付けやすい収納の作り方

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、先日紹介したクローゼットの秘訣に続いて

収納スペースを作る際に気を付けたいポイントについて

ご紹介したいと思います(o^―^o)

 

(佐賀市K様邸木の家:玄関収納)

 

収納スペースをうまく活用することで

家がスッキリして気持ちがいいですね✨

 

ですが、見た目だけでなく

もう一つ大きなメリットが『掃除』です。

 

毎日の家事の中で

時間も手間もかかるのが掃除ですね🏡

 

掃除の手間を最大限に減らすためには、

出来るだけホコリが溜まる場所を

つくらないようにすることが大切です。

 

なんといっても、幅木・窓枠・カーテンレール・棚の上などに溜まった

ホコリの掃除は一番厄介ですよね💦

 

そして、もう一点掃除の手間を大幅にカットするために、

知っておいていただきたいことが、

出来るだけ片付けがしやすい家にするということです。

 

片付けがしやすく、いつもスッキリと片付いていれば、

いちいち溢れたモノをどけながら掃除機をかけたり、

拭き掃除をしたりする必要もなくなるため、

面倒くささが最大限に解消されます😊

 

では、片付けやすくいつもスッキリした家にしていただくためには、

一体どのようにすればいいのでしょうか?

 

管理しやすい収納をつくる

 

『片付けやすい家』にするためには、

収納テクニックでそれを解決するのではなく、

設計によって解決するようにしなければいけません。

 

まず、多くの場合

奥行きが深い収納をつくろうとします。

 

しかしながら、奥行きが深い収納は、

実際に使える深さが約80cmあるのですが、

日用品や薬、郵便物や書類といった小物の置き場となるLDKなどに、

このような奥行きが深い収納をつくってしまうと、

場合によっては、モノの在処が分かりにくくなり、

どこに置いたか分からなくなってしまったり、

あるのに同じモノを再び買ってしまうという

事態を引き起こしやすくなります。

 

収納の奥の方に置いた収納ボックスなどの前の

空いたスペースにとりあえずちょっとだけモノを置いておこうと、

どんどん色んなモノを置いてしまい、

やがて奥に置いてあるものがスッカリ隠れてしまうからです💦

 

奥の方に片付けてしまいがちな、

ひな人形やクリスマスツリーといった季節ものを

取り出すのも一苦労ですよね。

 

 

「とりあえずちょっとだけ置いておこうか」

 

という時に、空いてるスペースがあると

元あった場所に戻さず、置けてしまう場所に

無意識のうちに置いてしまう、という事もあります。

 

これらの結果、先程お伝えしたような状態になり、

どんどんモノが増えていきそれらを置く場所がさらに必要になり、

 

「うちの家は収納不足だから全然片付かない!」

 

という負のスパイラルに陥ってしまいます💦

 

もちろん、モノが溢れることにより片付かないだけじゃなく、

無駄な出費を無意識のうちにしてしまっているわけなんです。

 

 

管理しやすい収納とは?

 

人間は単純な生き物なので複雑になればなるほど、

脳がその情報を処理出来なくなっていってしまいます。

 

つまりモノが増えれば増えるほど、

管理能力が追いつかなくなってしまうというわけです。

 

それゆえ、まず大切なことは無駄にモノが増えていってしまうような

収納をつくらないということです。

 

そのためには、収納を床面積で考えないようにします🏡

 

収納を床面積で考えてしまうと…

 

どんどん収納スペースばかりが増え、

どんどんモノが置けるようになり、

どんどんモノを買ってしまうからです。

 

また、細かいモノをしまっておくことが多い1階に、

奥行きが深い収納を余計に沢山つくることも、

片付かない家をつくってしまう大きな原因となります。

 

なので、プリンターやPCなど

奥行きの必要なものをおく場所は予め決めて

その分の収納だけ確保すると良いでしょう。

 

1階には出来るだけ1つの場所に、

全てのモノが固まるように収納を配置し

壁面を最大限に使って、

奥行きがちょうどいい棚をつくることで

最も管理しやすい収納になるのではないでしょうか?

 

断捨離という言葉があるように

そもそも人間は複雑になればなるほど、

どんどん管理が出来なくなってしまいます。

 

要らないものや使わないものは

出来るだけ捨てるようにしたり、

買わないようにしなければいけません💦

 

しかしながらモノを置ける場所を余計につくってしまうと、

誰しもが置けてしまうがゆえに

どんどんモノを買ってしまいます😢

 

家が片付けやすいかどうかは、

家の大きさや収納の多さに比例するものでは決してなく、

いかに、管理しやすい収納をつくることが出来たのか?

ということに左右されます。

 

なので、床面積とコストばかり上がってしまう収納をつくらず、

管理しやすい収納をつくるようにしていただければと思います😊

 

 

現場紹介 K様邸

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて今日は、佐賀市で「家づくり」が進む

K様邸の現場紹介です(o^―^o)

 

外では、「塗装・シーリングのプロ」嶋ノ江さんが

作業中です💪

 

木材を使うといっても、開放的な明るい雰囲気がいいのか

落ち着きのある大人っぽい雰囲気がいいのか

人それぞれ好みがありますね。

 

そんな時は、色を変えてあげると

部屋の雰囲気をガラリと変えることが出来ます🏡

 

玄関から入ると、腰板が貼られており

まさに『木の家』🌲という感じです✨

 

腰板は、横向きに貼ると洋風に…縦に貼ると和風になります🏡

 

「壁紙のプロ」渡瀬さんです💪

 

K様邸では、すでに内装工事が始まっています🏡

 

内海棟梁です💪

 

完成に向かって、着々と作業が進んでおります!

 

そして、後ろに写っている壁…

アクセント壁になっていますね😊

 

  

こちらです!

 

アクセント壁はとても人気があります✨

 

K様邸のように、木材を使うと

オシャレなカフェのような雰囲気になります😊

 

他にも…

子供部屋には明るい青

キッチンには緑

寝室にはグレー

などなど、使い分けるのも面白いですね🏡

 

色や素材を上手に使って

自分らしい家を考えてみると

ワクワクしてきます✨

 

 

 

コロナウィルスの感染予防を心掛けながら

「家づくり」は今日も進んでいます💪

「頑張らなくても片付く家」を作るための秘訣  クローゼット

こんにちは、広報の古賀です。

 

外出自粛が続いていますね🏡

 

家にいると、いつも以上に

 

「なんだかモノが多いなぁ」

「沢山のモノが散乱してるなぁ」

 

と、何かと気になってきますね💦

 

更に今は、衣替えの季節…

 

「家の中を思い切って片づけよう!」

 

という気持ちになっている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、クローゼットについてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

(佐賀市N様邸木の家:収納スペース)

 

皆さんのお悩みに多いのが

「クローゼットの服収納」です🏡

 

ですが、これには二階がメインの服収納にも

一つの原因があると考えられます。

 

本来くつろぎの場である「一階リビング」には

脱いだ上着や畳む前の洗濯物…

 

脱衣室まわりには

まだ洗わない服などが積み重なってしまうのはありがちでね。

 

どうにかしたいと思ってはいても

いちいち二階にもって上がる時間と気力が無い!

というのが、本当のところです💦

 

とはいえ、家の間取りはお片付けでは変えられません😢

 

クローゼットのあり方一つとっても

世間一般の「家とはこうあるべき」という「型」が

今の時代に合わなくなってきているということですね。

 

だからこそ、まだ家を建築計画中のうちに

考えてもらいたい事がたくさんあるんです!

 

 

1階がメインの収納!の2つのタイプ

 

 

① 一階ファミリークローゼットタイプ

 

【メリット】

 

動線がなにより楽!

 

一階に家族のすべての衣類が収納できるスペースがあれば、

先ほどの問題はあらかた解決!

 

毎日の着替えも、洗濯物をしまうのも楽々です😊

 

【デメリット】

 

収納スペースが限られる…💦

 

問題点は、コストの面から考えて、

 

「一階の収納に、そんなにスペースが取れない」

 

という点です。

 

もし、コストを抑えるなら必要最小限のみで生きていく!

 

くらいの覚悟が必要かもしれません。

 

さらにこれが平屋なら「季節もの家電」とか

「シーズンオフの布団」なども入れたくなります。

 

それだけでさらに「衣類」収納スペースは激減します💦

 

一番使いやすい理想の収納タイプであると同時に、

使いやすいからこそよく使う日常のアイテムがどんどん入り込み、

乱れやすくもあるこのタイプなんです。

 

「自分にとって本当に大切なモノ」

「いつか使うかもしれないモノ」

「空間をどう使うか?」

 

を見極める力と、ライフスタイルの変化に応じて工夫していく

「考える力」が大切になります😊

 

 

② 日常クローゼット+その他

 

一階にファミリークローゼットが実現出来ない場合でも、

「服専用コーナー」を作っておくと

ずいぶんリビングがスッキリします。

 

例えば…

 

コートやカバンが散らかりがちならば

玄関からリビングに入る動線上に

専用の定位置を作ってあげる。

(目立たない場所なら壁面利用でも。)

 

洗面脱衣室の近くに

「脱いで、また明日着る服の一時置き場」を作ってあげる。

(お客様が通らない場所ならオープン棚でも◎)

 

などの工夫で、二階にしか行き場のない服の、

一時的な避難場所を作ってあげましょう😊

 

 

昔から言われていますね…

 

定位置が無いから散らかるのです💦

 

無駄と思える「一時置き」も上手く使えば

「楽に片付く流れ」を作り出してくれます🏡✨

 

ちょっとした「散らかり始め」の原因を

「家づくり」のプランで解消してあげるのも、

これからの長い人生をスッキリ快適に暮らす秘訣です。

 

「頑張らなくても片付く家」とは

あらゆる乱れの原因となる事を予想して、

先手を打ってプランに反映してもらう事で実現します!

 

窓の存在意義

こんにちは、広報の古賀です。

 

「家づくり」を考えた際

必ず皆様気にされているのが『日当たり』と『風通り』です。

 

誰でも、日当たりや風通りのよい家がいいと思いますよね😊

 

そこで大切なのが、窓です🏡

 

そこで今日は、窓についてご紹介します(o^―^o)

 

(佐賀市U様邸:木の家)

 

窓は、外からの“光”を室内に採り込むために

そして、外からの“風”を室内に採り込むために存在します。

 

この2つの機能を果たすために窓は存在しているのですが、

この2つの機能をしっかり果たしてもらうためには、

窓のつくり方を熟考する必要があります。

 

というのも、ただ単に窓をたくさんつくっただけで、

その機能がうまく果たせるわけではないからです💦

 

むしろその機能を、

逆に殺してしまっているお家がたくさんあるし、

窓を多くつくればつくるほど、

無駄に建築コストがかさんでしまうだけだからです。

 

例えば、大きな窓をつくったとしても、

家の中が外から丸見えになってしまうとしたら、

そこにはカーテンを付けざるを得なくなってしまいますよね?

となると、カーテンが光を防いでしまうことになります。

 

また、その窓に防犯的に不安を感じてしまうとしたら、

そこにはシャッターを付けたくなってしまうし、

窓の向こうに障害物がなく風当たりが厳しそうだったり、

直射日光の厳しい日差しがたくさん入ってきそうだとしたら、

そこにはシャッターを付けたくなってしまいます。

 

そして、もしそのシャッターが、

ずっと閉められたままになってしまうとしたら?

 

当然、そこは壁があるのと同じなので、

そこに窓をつくった意味がなくなってしまう…

ということになります💦

 

それゆえ、間取りを考える時には、

窓の機能を殺してしまうカーテンやシャッターを、

付けなくていいような窓の配置を考えなくてはいけません。

 

また、位置だけじゃなく、形やサイズ、

そして使用するガラスのことまで、

よく考えて設置していくようにします。

 

このように窓を考えていくと、

窓の本数を必要最小限に抑えることが出来ます!

 

そして、その結果、

窓にかかる建築コストを最小限に抑えることが出来るようになりますね🏡

 

また、カーテンを設置しなくていいように設計出来れば、

カーテン費用もいらなくなるので、

さらに建築コストを抑えることが出来ます。

 

使えない窓をつくらないことによるさらなるメリット

 

  • 断熱性能が高くなる

 

窓が少なくなるということは、

イコール壁の数が多くなるということでもあります。

 

となると、窓よりも断熱性能に優れた断熱材が

施工される箇所がより多くなるということになります。

 

その結果、必然的に断熱性能は高くなる

という事です🏡✨

 

  • 収納力をよりアップさせやすくなる

 

窓が少なくなり、壁が多く出来るということは、

室内側も壁面積が増えるということになります。

 

となると、より収納を充実させることも可能です😊

 

収納力は、いかに床面積を多くつくったか?

で決まるものではなく、

いかに壁面をうまく利用出来たか?

によって決まるものです。

 

それゆえ、収納をより充実させるためには、

収納の中によりたくさんの壁をつくってやり、

かつ天井までの高さを有効利用する必要があります。

 

また、収納だけでなく部屋にしても、

壁面をしっかりつくっておけば家具なども置きやすくなるし、

棚なども設置しやすくなり、

余った空間をより有効利用しやすくなりますね♪

 

  • 外壁を汚れにくく出来る

 

窓が少なくなることによる3つ目のメリットは、

外壁の汚れも少なく出来るということです。

 

というのも、外壁の汚れの最大の原因は窓だからです。

窓の上に貯まった土ぼこりが、

雨によって垂れ流されることによって出来る垂れジミです。

 

外から見て窓が少ない家は、

汚れも目立ちにくい家ということでもあります。

 

つまり外観を長く美しく保ちやすくなるし、

もっと長い目で見た時、

外壁の塗り替えにかかるであろうメンテンンス費用も、

より少なく抑えることも出来るようになります。

 

 

 

 

窓のつくり方に工夫ができれば、

以上のようなメリットをもたらしてくれるようになります。

 

窓がたくさんあるから、

明るくて開放的な家になるわけではありません。

 

窓がたくさんあるから、

風通しがいい家になるわけでもありません。

 

逆に、窓が少ないから、

暗くて閉塞感のある家になるわけでもありませんし、

風通しが悪い家になるわけでもありません。

 

この事実をご理解いただき、

より少ないコストで、

よりいい家を建てていただければと思います🏡

 

ゼロエネルギー住宅

こんにちは、広報の古賀です。

 

現在弊社では、オンラインでの打ち合わせを行っております。

 

お持ちのスマホ、タブレット、PCから可能ですので、

ご希望の方はお気軽にお申し付けくださいm(__)m

 

さて、打ち合わせでは沢山のご質問を頂きますが

やはり多いのが間取りや素材について、

そして『ZEH(ゼロエネルギー住宅)』についてです🏡✨

 

ZEHについてはすでにブログでも掲載しておりますが

これからの補助金などについてもご紹介いたします(o^―^o)

 

(佐賀市T様邸木の家:太陽光発電)

 

ZEH(ゼッチ:ゼロエネルギー住宅)とは

 

ZEHとは…

 

外皮(断熱材・窓)による断熱性能等を大幅に向上させるとともに、

高効率な設備システムの導入により、

室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現。

更に再生可能エネルギー等を導入することにより、

年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」

 

を指します。

 

〇 2014年4月に閣議決定された「第4次エネルギー基本計画」等

 

2020年までに標準的な新築住宅で、

2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す


〇 2018年7月に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」


2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、

2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す

 

とされています。

 

実際ZEH仕様の家にすることで

年間の光熱費の削減や室内の快適性の向上、

ヒートショックのリスクの低減などのメリットがあります。

 

 

ZEH化による補助金

 

大手住宅メーカーのみならず、

地場工務店や設計事務所が戸建ZEHを建設・設計することを促進するため、

注文戸建ZEHに対する支援を実施しています。

 

平成31年度には、ZEH住宅に対し

70万円/戸(抽選方式)の補助金が出されていました。

 

令和2年度でも

 

戸建住宅(注文・建売)において、

ZEHの交付要件を満たす住宅を

新築・改修する者に補助金60万円/戸(先着方式)を行うとしています。

 

 

気を付けておきたいポイント

 

ZEHとして申請するには、

断熱・省エネ・創エネの条件を満たす必要があります。

 

これだけでも、暮らしの快適性として十分意味があります🏡

 

ですが、やはり気になるのは補助金…💰

 

年に複数回の公募があり

その公募期間に合わせて「家づくり」を進める必要があります。

 

気を付けておきたいのは、申請までの間に

間取りや設備をしっかりと決めておく必要があるという点です💦

 

断熱材や太陽光パネルなどだけでなく、照明なども含まれるため

後から変更することが非常に難しくなってしまいます😢

 

その結果…

 

「こんなはずじゃなかった!」

 

ということにもなりかねません💦

 

ZEH仕様で、さらに申請もお考えの場合は

早め早めの準備が必要になってきます!

 

この点を気を付けながら

工務店や担当者としっかりと打ち合わせしていきましょう😊

 

 

参考:経済産業省 ZEHの普及促進に向けた政策動向と平成31年度の関連予算案

   SII一般社団法人 環境共創イニシアチブ 2020年の経済産業省と環境省のZEH補助金について

 

 

 

無料資料請求・お問い合わせ