大工魂ブログ

現場より ~K様邸~

こんにちは、広報の古賀です。

 

久しぶりの雨が降り

なんだかジトっと蒸し暑いですね💦

 

さて、今日はK様邸の現場紹介です(o^―^o)

 

K様邸では先日

セルロースファイバー断熱の施工が完了しました💪

 

坂井建設では、断熱材にももちろんこだわりがあります。

 

まず、このセルロースファイバーについて…

 

皆様は、住宅展示場や広告などで

「夏涼しく、冬温かい家」

というのをご覧になったことはありませんか?

 

冷暖房費を抑えることが出来るため

ランニングコストの低減にもつながります。

 

そして、この

「夏涼しくて、冬温かい家」

そ作るための重要なポイントが『断熱材』です😊

 

注文住宅を建てる際にこだわる箇所は皆様それぞれです🏡

 

デザインや間取り、価格が最も多い答えでしょうか。

 

あとは、室内の設備も大切ですね。

 

ですが、暮らしを快適さを考えるなら

この『断熱材』も是非ともこだわりたいところ…。

 

断熱材には、熱の侵入や流出を防ぐ働きがあります。

 

つまり、夏は熱の侵入を防ぎ

冬なら暖かさを逃さないようにするわけです。

 

 

 

実際、夏場に開催した完成見学会でも

冷房を一台稼働させておくだけで

家中涼しさを保つことが出来、ご来場頂いた方々も

 

「え!涼しい!」

 

と、とても驚かれていました🏡

 

因みに、『断熱材』には様々な種類があり

グラスウール、発泡系ウレタンフォーム、羊毛断熱材

などなど…沢山のものがあります。

 

その中でも、セルロースファイバーは天然繊維でできており

地球環境にも住む人の健康にも優しい素材です。

 

また、気になる性能も抜群!

 

断熱はもちろん、防音や防火の性能もあり

なんと火災保険の保険もおさえられるんです😊

 

工法も特殊で、粉々になっているこの断熱材を

壁の中に「吹き込む」こと高い精度で施工ができ

気密性も◎

 

更に、セルロースファイバーは

湿気を吸って吐く、「呼吸する素材」なので

壁の中の結露発生を防止し、木材の腐れを防ぎます

 

実は、日本の家は平均寿命がアメリカなどに比べ

短いんです💦

 

それは、家の壁の中でできる結露のせい…😢

 

その点、「呼吸する素材」であるセルロースファイバーを使えば

安心ですね✨

 

 

 

 

家の寿命までも左右する『断熱材』の施工も

無事に終わったK様ご家族待望の「木の家」🏡

 

完成に向かって、更に作業は進みます!

 
無料資料請求・お問い合わせ