大工魂ブログ

土地が決まらない!?

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日もすっきりと晴れて気持ちがいいですね☀

 

さて、今日は「家づくり」において重要な

「土地」に関してご紹介します(o^―^o)

 

 

いざ土地を探そうとしても

なかなか決断できないことが多いです。

 

そのため…

 

土地選びは、決断力!

 

とも言われています。

 

ですが、中には気を付けておいたほうが

いい土地もあります💦

 

例えば、同じ面積の土地だったとしても

家の形は土地が決めてしまいます。

 

敷地面積が同じで、見た目にも変わらない土地でも

立地によって様々な法律が決められているため、

建てられる家の形が変わってしまうためです。

 

例えば100坪の土地で建ぺい率が80%なら…

建築面積は最大80坪とれます

 

ですが、もし建ぺい率が60%なら…

60坪までした建てられません。

 

また、目の前の道路幅次第では

2階建てが難しいなど条件があるので

土地は広さだけでなく各種法律を確認する必要があります。

 

他にも…

 

 

● 用途地域

 

都市計画により、建築できる建物の種類が定められています。

 

全部で12種類あり、建物の高さや種類が決められており

住宅を建てることが出来ない場合も😢

 

 

● 防火地域

 

火災の延焼を防ぐために指定された地域。

 

主に市街地の中心部や、幹線道路沿いの地域が指定されており

「耐火建築物」「準耐火建築物」のみ

建てることが出来ます🏡

 

 

● 道路幅

 

土地に接する道路幅が4m未満の場合

道路の中心から2mのところが「敷地境界線」になります。

 

この境界線をはみ出して、門などの外交を建てることは

禁止されています。

 

 

● 建蔽率

 

敷地面積に対して、建築可能な面積の割合を指します。

 

建築する建物の最高限度が制限されており

日当たりや風通り、防火を目的としています。

 

 

● 容積率

 

敷地面積に対する延床面積の割合を指しています。

 

「用途地域の種類」によって定められた制限

「敷地に接する道路幅」による制限の

より厳しい数値が適用されます💦

 

 

 

良い場所に安い土地を見つけたからといって

すぐに購入してしまうと、後で思わぬ出費が

待っているかもしれません💦

 

安い土地にはそれなりの理由があります。

 

地盤が軟弱だったり、擁壁(土留め)が必要など

改良に余計な費用がかかる土地があるのです。

 

そのほかには…

借地権付きの土地

地主が親子などの共有名義で持っている土地

傾斜地にある土地

私道に下水道管を設置しなければならない土地

などは、価格が安くなる傾向があります。

 

土地探しは、

事前にこうしたポイントを確認しておくと安心ですね。

 

 

 

 

坂井建設では、資金計画や土地探しの

ご相談も承っております😊

 

「どうしたらいいの!?」

 

という場合は、お気軽にご連絡くださいm(__)m

 
無料資料請求・お問い合わせ