大工魂ブログ

資金贈与の注意点①

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、住宅取得に対する資金の贈与を受けた際に

気を付けておきたいポイントについてです(o^―^o)

 

 

 

 

非課税のはずが…?

 

これから新築をお考えの方は、資金の面で期待したいのは、

やはり身内からの援助ではないでしょうか。

 

贈与に関しては、ある一定の金額を超えたり

所定の要件を満たさなければ贈与税がかかります。

 

ですが、知識があれば非課税にする方法がたくさんあります😊

 

そして、知識があっても、失敗してしまうこともあります😢

 

たとえば、住宅資金の贈与の金額については規定を満たしていても

他の原因で課税されてしまうことがあります💦

 

住宅取得資金の贈与に関しては

「翌年の3月15日までに物件の引き渡しを受ける」

という要件を満たさないといけないのです。

 

詳細は後述します。

 

それでは、非課税で贈与を受けるために

気を付けることをチェックしていきましょう。

 

 

そもそも「申告せず」が86%!!

 

国税庁では、毎年相続税の調査状況について

レポートで公表しています。

 

レポート名に「相続税の調査」とありますが

実はこの中で贈与税の調査状況についても発表されています。

 

贈与税は、「相続税の補完税」とされており

相続税とは切っても切れない関係にあるからです。

 

調査では、贈与税の無申告がなんと86.2%😲

 

申告漏れの財産の内訳は次のように発表されています。

 

①現金・預貯金等・・・約107億円

 

②有価証券・・・約68億円

 

③その他・・・約31億円

 

④土地・・・約8億円

 

⑤家屋・・・約3億円

 

トータルでなんと約217億円もの申告漏れがあるというわけです。

 

しかも、その半分が「現金・預貯金等」となっています。

 

心当たりはありませんか?

 

そうです!

 

住宅取得資金の贈与や、教育資金の贈与が

この「現金・預貯金等」に含まれています。

 

 

非課税になる金額とポイント

 

いったい、いくらまでが非課税で、いくらからが課税なのでしょう。

 

住宅取得等の贈与に関しては、「非課税限度額」があります。

 

まずは、以下の金額を超えないように気を付けてください。

 

<住宅取得等の贈与の非課税限度額   2015.1.1~>

 

・期間/優良住宅/一般住宅

 

※消費税8パーセントで建てた場合

 

・2016.1~2017.9・・・(優良)1200万円/(一般)700万円

・2017.10~2018.9・・・(優良)1000万円/(一般)500万円

・2018.10~2019.6・・・(優良)800万円/(一般)300万円

 

※消費税10%で建てた場合

 

・2016.1~2017.9・・・(優良)3000万円/(一般)2500万円

・2017.10~2018.9・・・(優良)2500万円/(一般)1000万円

・2018.10~2019.6・・・(優良)1200万円/(一般)700万円

 

「良質な住宅用家屋」とは…

省エネ等基準相当以上であること

耐震等級2以上であること又は免震建築物であること

一次エネルギー消費量等級4以上に該当する

住宅用家屋であること又は高齢者等配慮対策等級3以上

住宅用家屋であること

が、一定の書類により証明されたものをいいます。

 

 

 

 

U様邸完成見学会

 

日程:2019.2.2(土)・3(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市久保泉町

 

1日7家族様限定予約制となっております<(_ _)>

 

既に多くの方からご予約を頂いております。

 

「気になる!」

 

という方は、お早めにご予約お願いいたします

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

無料資料請求・お問い合わせ