大工魂ブログ

元利か元金か…?

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、日差しの暖かい一日でしたね(o^―^o)

 

さて、今日はローンの返済方法

元利均等返済と元金均等返済についてご紹介します!

 

 

住宅ローンの返済方法は、元利均等返済と元金均等返済の

2種類があります。

 

どちらを選ぶとよいのでしょうか…?

 

 

元利均等返済

 

元利均等返済とはどういうものか…?

 

これは、金利が変わらない限り

返済額が常に一定になる住宅ローンです。

 

ほとんどの方がこの返済方法で

返済が進むにつれて、返済額に占める元金と利息の割合が

変わっていきます。

 

元利均等返済-300x150

 

「住宅ローンは、初めは利息ばかり払っている」

 

と、耳にしたことがあるかもしれませんが

初めのうちは元金に比べて利息の割合が多いです💦

 

返済が進むにつれて利息分が占める割合がどんどん減り

返済額に占める元金と利息の割合が毎月変わっていきます。

 

元金と利息の合計を均等に返済していくので

元利均等返済と呼ばれます。

 

元金均等返済

 

こちらについてはあまり馴染みが無いのではないでしょうか。

 

これは、住宅ローンで借りた

借入額の元金を毎月均等に返済していくという方法です。

 

例えば、2400万円を20年で返す場合…

元利均等返済であれば

元金の年間返済額は120万円になります。

 

3370c145d68ecd1132974403ff2f3aa6-300x150

住宅ローンの返済額が毎月減っていく

 

それに対して、利息分は毎月変化していくことになります.

 

元金の返済が進むにつれて利息は減っていきますので、

一番初めの年の返済額が一番高くなります。

 

返済が進むにつれて、元金と利息を合わせた毎月の返済額が

減っていくことがこの返済方法の特徴です。

 

ですから…

 

「今はまだ子どもが小さくてあまりお金がかかっていない…

けど、将来的に子供にかかるお金が増える時期には

住宅ローンの負担を減らしたい!」

 

という考えの方に向いている返済方法だと言えます。

 

 

元利均等返済と元金均等返済、どちらが有利なのか?

 

住宅ローンの借入額2000万円返済年数35年

金利は最初から最後まで、

ずっと2%という条件で比較してみます。

 

〇 元利 

当初 66,262円 / 月

総支払額 27,825,861 円

 

〇 元金

当初 80,952円 / 月

総支払額 27,016,463円

 

→ 差額  約 81万円

 

このように、単純比較すると

元金均等返済のほうが有利になりました。

 

しかし、例えば元利均等返済で

毎月約81000円返済するとすれば…

 

返済期間は35年から27年へ短縮でき

元利均等返済のほうが約110万円も

返済額を抑えることができます😲

 

 

住宅ローン2つの返済方法まとめ

 

・元利均等返済は金利が変わらない限り返済額は一定

・元金均等返済は初めが1番返済額が多く、毎月減っていく。

・単純比較では、元金のほうが有利

・返済額をそろえると、元利のほうが有利

 

「自分に合った返済方法を知りたい!」

 

という方は、お気軽にご相談ください<(_ _)>

 

 

 

U様邸完成見学会

 

日程:2019.2.2(土)・3(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市久保泉町

 

1日7家族様限定予約制となっております<(_ _)>

 

既にご予約を頂いております。

 

「気になる!」

 

という方は、お早めにご予約お願いいたします

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

 
無料資料請求・お問い合わせ