大工魂ブログ

新築への引っ越し ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

年の瀬も迫り、

バタバタと慌ただしい日々が続いています💦

 

さて、今回は「引っ越し」についてです(o^―^o)

 

 

結婚し、家族が増えると

広い家に越したいな、と考えますね。

 

ですが、その時に気になるのが

やはり「引っ越し費用」です🏠

 

自力での引っ越しなら

手伝いに来てくれた人たちへのご飯代や

軽トラのレンタル代。

 

他には、掃除用品代や

増えた部屋に使うカーテン代程度でしょうか?

 

エアコンも買い足す必要があるかもしれませんね。

 

では、新築一戸建てを購入し

引越すときはどうでしょう…

 

「新築になって、家具もインテリアも統一感のあるものにしたい!」

「家電も昔買ったものばかりだから、新しく買い替えるか…」

 

新しくてきれいな家に、新しい家具や家電…

「余裕」があればそうしたいと思いますよね😊

 

では、「余裕」とは何でしょう。

 

いくら買って、いくら現金で残せば

いいのでしょうか。

 

例えば…

 

Aさんの場合

 

・引越し代・・・8万円(トラック2台+その他)

・カーテン代・・・3万円

・その他雑貨・・・2万円

・近所への引越し挨拶・・・3万円

 

・・・計16万円

 

 

Bさんの場合

 

・引っ越し代・・・6万円(トラック1台+その他)

・ダイニングテーブル・・・5万円

・棚(収納棚・飾り棚)・・・10万円

・子どもの学習机・・・10万円

・テレビ、テレビボード・・・40万円

・ベッド、布団・・・25万円

・家電(洗濯機・レンジ・冷蔵庫など)・・・30万円

・エアコン6畳用3台・・・40万円

・ネットワーク設備・・・1万円

・カーテン・・・10万円

・キッチン用品(IH対応・食洗器対応)・・・2万円

・その他雑貨・・・2万円

・引っ越し挨拶・・・3万円

 

・・・合計185万5000円

 

 

185万円という金額を聞いて、

多いと驚かれますか?

 

実は一戸建ての住宅を購入する際に購入する

家具・家電などの平均購入額は175万円なんだそうです💦

 

「185万円」は、そこに引っ越し代を足した金額になります。

 

場合によっては、照明やテーブルセット、

物置小屋、その他の家具などいろいろ含めると、

300万円以上かかる場合もあるそうです😲

 

実は、「家」という大きな買い物をした後では

逆に財布の紐が緩んでしまいがちなんだとか。

 

これから住宅ローンがあるのに

家電などをカード払いで購入したり…

とっておいた現金の預貯金を取り崩したり…

また別にローンを組んだり…

これでは、家計が厳しくなる事が予想できます😢

 

とは言え、これらの家具・家電は

絶対に必要なものとは限りません。

 

中には、

 

「家具に統一感がなくても平気。

とにかく、安く済ませたい!」

 

という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

また、学費や車、生活費の事を考えると

中々手が出なかったりもするかもしれません。

 

「でも、折角の新居…少しぐらいは!」

 

と思った時には、

まずは予算を立てるところから始めてみましょう🏠✨

 

今後の事を考えて、緊急なものでない限り

新生活の様子を見ながら、買い足してみてもいいですね(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ