大工魂ブログ

木工事・棟上げ

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日ご紹介した「現場検査」の続き

『木工事・木工事』についてです(o^―^o)

 

基礎工事が終わったら、木材が搬入され

『木工事』がスタートします💪

 

まずは、土台からです🏠

 

基礎の上に土台を敷き、足場を組みます。

 

更に、柱を立て、梁を渡して家の骨組みを組み

最後に棟木を乗せます。

 

見積書には、「木工事」と記載される場合もあるようです。

 

この棟木を上げる作業を「棟上げ」といいます。

 

壁になる所には、歪み直しの為の

仮筋交いを入れておきます🏠

 

因みに、『上棟式』とは新しい家の祝福や

職人さん達への労い、そして今後の工事の安全を祈願する儀式です。

 

そのため本来は、神主を招いて行われます😊

 

他にも、『餅投げ』をされるお施主様もいらっしゃいますね。

 

(T様邸餅投げ)

 

現在では、あまり正式なものではなく

簡略したものが多い様ですね🏠

 

なお、棟上げを行う頃には

壁材などを選びきめます✨

 

見本を見ながら、しっかりと完成をイメージしながら

決めていきましょう(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ