大工魂ブログ

構造見学をする理由とは?

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて、今日は「構造見学」の意味についてです(o^―^o)

 

 

家の見学と言えば「完成見学会」や「モデルルーム見学会」には

行った事があるという方も、多いかもしれません。

 

「完成見学会」や「モデルルーム見学会」では

主に広さや間取り、設備も見ることが出来ます👀

 

また、色や装飾などは、家の雰囲気を決める大きなポイントになるので

色々なアイディアを貰っておきたいですよね。

 

「収納は、このくらいの大きさが欲しいなぁ。」

「この間取りは暮らしやすそう♪」

「このキッチンは使い勝手がよさそうだな✨」

「アクセント壁がおしゃれ!」

 

などなど…

 

何件見ても飽きないかもしれません。

 

お引渡を終えたお施主様方からも

 

「次に家づくりをする方に、何かアドバイスを頂けますか?」

 

と、お願いすると…

 

「とにかく色々な家を見ておいたほうがいいですね😊」

 

と、本当に皆さまおっしゃいます!

 

それぐらい、イメージを具体的な形にする作業は

難しいという事かもしれません。

 

ですが!

 

実はその反対に

「構造見学」には足が遠のいてしまう方も多いんです💦

 

理由としては

 

「見ても、良く分からない!」

 

が一番かもしれませんね。

 

プロではないので、構造の部分を見るだけで

家の善し悪しが分かるわけではありません😢

 

また、おそらく一番気になる「耐震(・制震・免振)」機能については

どこの施工会社でも、書面・口頭で

お客様にきちんと伝えるようにしているでしょう。

 

地震に弱い家に住みたい人は、まずいないですので💦

 

インターネットを駆使して、情報を集めることも可能です。

 

その結果

 

「話はもう聞いたから、わざわざ見に行かなくても大丈夫」

 

と、なってしまいます💦

 

ですが、実は「聞く」「読む」だけでは分からないこともあるんです。

 

それが、「どのように施工しているか」です!

 

「良い物」を使っている事は知っていても

「どのように」使っているかは、良く分かりません…

 

例えば、「断熱材」も同じです。

 

何度も登場している「アップルゲート セルロース断熱」

 

とても高性能で、家での暮らしをより快適にするのに

とても役立ちます。

 

実際、その性能を調べるのは簡単で

インターネットでも、すぐに検索できます!

 

ですが、「断熱材」がその力を十分に発揮するためには

とても大切なポイントがあります。

 

それが「施工」です😊

 

「断熱材」は、隙間なく敷き詰められることによって

初めてその力を発揮します💪

 

反対に言えば、隙間があっては

折角の断熱材も役に立たないという事…

 

これでは困りますね💦

 

そこで必要なのが「構造見学」!

 

その家が十分に力を発揮できる作りになっているかを

見ることが出来る唯一のチャンスなんです✨

 

また、大工社長である代表は

 

「ひと手間かけるかどうかで、全然仕上がりが違う!」

 

と、よく口にしています。

 

正しい方法で施工する事は勿論ですが

より良い家を造ろうとすれば

他にも必ず、色々な「手間」がかかります。

 

目に見えない部分でも、その「手間」を省かないでいられるか…

 

「構造」を見ておけば、その施工会社の

「家づくり」への情熱や姿勢を知ることが出来るかもしれませんね!

 

 

 

因みに…

坂井建設では、随時現場見学を受け付けています!

 

気になる方は、お気軽にご連絡ください<(_ _)>

 

 

 

夏季休業日のお知らせ

 

誠に勝手ながら、下記の4日間を休業とさせて頂きます。

 

8月13日(月)

  14日(火)

  15日(水)

  16日(木)

 

休み期間中のお問い合わせに関しまして、

弊社のホームページの「お問い合わせフォーム」にてお願い致します。

 

期間中は大変ご不便おかけいたしますが

何卒よろしくお願い申し上げます。

無料資料請求・お問い合わせ