大工魂ブログ

水害避難

こんにちは、広報の古賀です。

 

大雨が続き、特別警報が出ていますね。

 

皆さま、くれぐれもお気を付けください💦

 

今回は、「家づくり」とは話が逸れますが

避難をする際の注意点をご紹介します。

(参考:一般財団法人 日本気象協会 トクする!防災 

https://tokusuru-bosai.jp/refuge/refuge02.html)

 

 

① ハザードマップの確認

まず注意しておきたいことは、河川氾濫への備えです。

氾濫が起こった際に、自宅が危険な場所なのかは

各自治体が公開している河川氾濫のハザードマップで確認できます。

 

浸水する可能性がある場所なのか事前に調べておきましょう。

 

 

② 指定河川洪水予報

指定された大きな河川を対象に、気象庁と国土交通省もしくは

都道府県が共同で 「指定河川洪水予報」という予報を出しています。

 

指定河川洪水予報は

「氾濫注意情報」氾濫の発生にちする注意を求める段階

「氾濫警戒情報」避難準備など、警戒を求める段階

「氾濫危険情報」何時氾濫してもおかしくない状態

「氾濫発生情報」既に河川が氾濫している状態

の4つがあります。

 

 

③ 早めの避難

ただし、暗くなって大雨の中の避難は危険です。


暗く見えないだけでなく、大雨で音も聞こえにくく

夜中の避難中に被災することがあります。

 

もし、暗くなってから避難を検討する状況になってきたら

その事に十分注意するようにしてください。


自宅の周辺がすでに浸水している際は、

自宅などの建物内で可能な限り高いところに避難する

「垂直避難」をするようにしましょう。

 

 

④ 川や用水路の様子を見に行かない

大雨のときに川や用水路の様子を見に行って

被災することがよくあります。

 

河川の様子は、インターネットで水位をリアルタイムで

公開しているところもあります。

 

これらを使うようにしましょう。

 

 

⑤ 浸水前の避難

いったん堤防が決壊すると、一気に水かさが増し避難が困難になります。

雨の状況に注意しながら、大雨が降るようであれば早めに避難しましょう。

 

浸水は、0,5m未満でも車での避難が危険な場合があります。

また、浸水の深さがひざ上になると徒歩による避難は危険です。

 

 

⑥ 冠水しているときは足元に注意

歩いて避難するときは避難中に被災しないよう

足元に十分注意してください。

 

もし、避難する道がすでに冠水しているときは道が良く見えないため

マンホールの蓋が外れて吸い込まれるかもしれません。

 

やむを得ず冠水している道を通る際は、杖のような棒を持ち

足元が大丈夫か確認しながら避難しましょう。

 

 

 

まだまだ警報は続いていますので

十分にご注意下さい<(_ _)>

 
 
無料資料請求・お問い合わせ