大工魂ブログ

上手な室内干し

こんにちは、広報の古賀です。

 

最近は雨も多く、洗濯物も室内干しですね💦

 

ですが、家族が多いと、お風呂場だけでは全ての洗濯物を

干せなかったりと、不便も多いのではないでしょうか…?

 

そこで今回は、室内物干しについてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

① 吊り下げ式室内物干し

部屋干しを検索してみると、このタイプの物が沢山出てきます。

 

天井に取り付けた金物にポールを取り付け

そのポールとポールの間に物干竿を取り付ければ完成です🎶

 

価格も手ごろで、必要なときだけポールを差して使うので

普段はそれ程目立ないのも良いですね😊

 

それでも気になる方は、天井からぶら下げている金物の部分を

なるべく短くすると、より目立たなくなります。

 

 

ただし、ポールをしまっておく場所を確保する必要が出てきます💦

 

 

② 巻き取り式室内干し

先ほどの天井を使った物と違って、今度は壁を使用し

巻き取り式のワイヤーを引きのばし、そのワイヤーに洗濯物を

掛けるタイプのものがあります😊

 

色やデザインも、あまり目立たないものが多く

実際物干しに見えないので、シンプルな部屋にしたい方には

ピッタリですね♫

 

ポールと違って少々、洗濯物が中央に寄ってしまう様ですが

価格も手ごろなので、一度使ってみるものいいかもしれません✨

 

 

③ サンルーム

サンルームは室内干し専用の場所ではありませんが

最近は、干す場所として設置する方が多いそうです。

 

因みに、天井や側面がガラス張りになっていて

どこからでも太陽の光が入ってくるように設計されているので

室内干しをしても、日光の力で乾かすことできます!

 

また、晴れていてもサンルームを使う事によって

花粉の多い季節でも、洗濯物に花粉がつきません😊

 

ただし、どの程度乾くかは、設置する場所や

サンルームそのものの性能によって変わります。

 

また、上記の二つに比べ それ相応の費用がかかります💦

 

ですので、設置を考える場合は

家族とよく話し合う必要がありますね!

 

 

 

 

室内物干しにも、まだ他にも色々な商品が出ています😊

 

それぞれメリット・デメリットがあるので

干す量などを考慮に入れながら、

一度、洗濯から干すまでをイメージしてみると

何が一番合っているか、決めやすくなるかもしれませんね♪

無料資料請求・お問い合わせ