大工魂ブログ

なぜか床が暖かい…その怖い理由は?

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、家を購入する際に起こった

トラブルについてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

建売住宅の場合…

 

設備などのグレードの割に値段が安く

見た目や住宅環境も良かったので、建売住宅を購入。

 

引っ越し後、家族皆で快適に暮らすこと数カ月…

最初の冬を迎えたある日、床暖房はつけていないのに

なんだか床が暖かいことに気付きました。

 

「どうしてだろう?」

と思ったものの、最初は気にせず過ごして数日後…

だんだんと床が暖かくなることが気になり

床下を点検してみることに。

 

その結果、床が暖かかったのは

お風呂の排水が床下に流れ込んでいたからだと判明しました💦

 

配水管の接続がズレており

お風呂から出た温かい排水が床下一面に溜まっていたとの事…。

 

更に調査をしてみると、家が建っている土地は地盤が弱く

それにもかかわらず補強工事をしていなかったため

なんと、家が傾き配水管がズレて水が漏れていたようなのです😢

 

家は気に入っているものの、手直しするか建て直すか…

 

どうしてこんな事になってしまったのだろうと

日々頭を痛めています。

 

 

実際、建売住宅だけでなく注文住宅であっても

外観や設備面のグレードの高さや

見た目に目が行ってしまいがちです💦

 

反対に地盤や家の基礎、骨組みなどの『構造』の部分は

なかなか気に留めにくいところ…。

 

ですが、暮らしていく家族が安全に

そして安心して住み続けるには

最も重要な部分です!

 

こういったケースに陥らないためには

建売住宅の場合は、購入する前に施工の制度を確認すし

注文住宅の場合は、契約前にしっかり施工会社と打ち合わせをして

出来れば現場見学などにも足を運んでみることが大切です🎶

 

構造は、建ってしまっては見た目には分からなくなります。

 

しかし、家の基礎となる部分ですので

きちんと確認しておきたいですね😊

 

因みに、坂井建設では現場見学も受け付けておりますので

気になった方は、ご連絡ください<(_ _)>

 
無料資料請求・お問い合わせ