大工魂ブログ

キッチンの4つのタイプ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今回は、先日ご紹介した「キッチン」についてのお話です(o^―^o)

 

 

壁付けキッチン

 

名前の通り、「壁についているキッチン」ですね😊

 

どちらかと言うと、古風なイメージがあるかもしれません。

 

リフォームなどでは、壁付けキッチンから対面キッチンに変える事が多い様です。

 

とはいえ…

 

「壁付けキッチン」が良い✨

 

と、思っていらっしゃる方も根強くいらっしゃいます!

 

では、そのメリット・デメリットについて見てみましょう。


 

【メリット】
〇 吊戸棚を付けられる。
〇 部屋が広く使いやすい(スペースを、キッチン兼ダイニングとして使用可能)
〇 ダイニングテーブルを作業台として使える。配膳も楽にできます!
〇 窓の外を眺めながら、作業が出来る(また、窓を換気用として使っても◎)

【デメリット】
〇 キッチンがまる見えになってしまう(壁をうまく使って収納する必要有り💦)
〇 ダイニングに居る人とぶつかってしまう可能性がある。特に、小さいお子さんがいる場合は要注意です!
〇 収納棚や、冷蔵庫などの家電置き場の確保が難しくなる😢

 

 

対面キッチン

 

こちらもその名の通り、ダイニングやリビングと「対面しているキッチン」です😊

 

今は主流ですよね。

 

沢山の見かけますし、これから「家づくり」をスタートされる方も

 

「やっぱり対面キッチンがいいかな」

 

と思っていらっしゃる方は、多いのではないでしょうか(o^―^o)

 

【メリット】

〇 リビング・ダイニングとのコミュニケーションが取りやすい(小さいお子さんがいても安心♪)
〇 写真のようにキッチン正面のカウンターを利用して、適度にキッチンの中を隠すことが出来る
〇 テレビを見ながら料理ができる
〇 配膳に便利


【デメリット】

〇 リビング・ダイニングからキッチンの中が、ある程度は見える💦
〇 臭い、煙、音がリビング・ダイニングに流れやすい
〇 吊戸棚が有ると無いとで、雰囲気が全く違う

 
 
 
 
 
 

壁付け・対面キッチンは共に、よく見るタイプのものだと思います。

 

それでも、それぞれメリット・デメリットがあり

部屋の広さや、家事動線にも大きく影響があります😲

 

さて、残るはクローズドキッチン(「独立型キッチン」)ですね!

 

サザエさんのお家の様な、独立した部屋になっているキッチンの事です。

 

こちらは、一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか(o^―^o)

 

続きは次回にご紹介したいと思います!

無料資料請求・お問い合わせ