大工魂ブログ

間取りの失敗例とは?

こんにちは、広報の古賀です。

 

2月も今日で最後ですね!

 

3月に入ると、卒業式(卒園式)や年度末という事で

お仕事も忙しくなる方が多いのではないでしょうか?

 

坂井建設でもありがたい事に

毎日が慌ただしく過ぎていっています😊

 

事務所でも打ち合わせが頻繁に行われ

先日も、間取り図を広げながら

これは~…それは~…と、お客様との話が

弾んでいる様子でした🎶

 

さて、その「間取り」に関してですが

一生に一度の「家づくり」

やはり、沢山ご希望✨があると思います。

 

そこで、今日は巷に溢れる「間取りの失敗例💦」を

少しご紹介したいと思います!

 

① ドアの位置を確認

施工途中で、トイレのドアが階段にぶつかって開かないことが判明!

階段をずらすことで解決したが、出来上がり後に

今後はリビングのドアとトイレのドアが

ぶつかってしまう事が分かりました💦

図面だけでは、分からないことが沢山あるんですね…😢

 

② 暗いリビング

図面上で窓の大きさを理解するのは大変!

リビングの窓が思っていたよりも小さく、日中でも薄暗い…

けれど、普段使わない部屋はとても明るく

失敗したと毎日後悔しています😢

 

③ 家具のレイアウト

家具のレイアウトまで細かく考えていなかったので

せっかく付けたコンセントが家具に隠れてしまったり

必要な位置になかったりします💦

また、子供が大きくなりエレクトーンを購入したものの

置くスペースがなく、結局リビングに置くことに…

リビングが狭く感じます😢

 

④ 見栄えはいいのに…

玄関を見栄えのある場所にしようと正面に坪庭を配置し

飾り棚をつくるなどして成功だったと思っていたのですが…

実際は、履物収納のスペースが少なく

3人の子供に主人、同居している父が毎日靴を脱ぎ散らかので

坪庭など目に入れるどころではなくなりました💦

たたきいっぱいに履物類があふれかえっているのを見て

飾りにばかり気を取られず、実用性をしっかり考えるべきだったと後悔です😢

 

 

などなど、実は沢山ある「家づくり」の失敗例。

 

今まさに、ご家族で間取り図を家で作成している

という方や、これからしようと思っているという方は

「失敗だった!」

「後悔しています…💦」

と、ならない様にしっかりと気を付けたいですね😊

 

とはいえ、やはり思っている通りの家を造るのは大変!

 

イメージを明確にするためにも、既に建っている家を

ご見学される事をお勧めします♪

 

分からないこと、相談したいことなどがございましたら

お気軽にご連絡ください(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ