大工魂ブログ

内装タイル

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日もまた寒い一日となりました⛄

 

インフルエンザも流行っているようなので

皆さまもお気を付けください💦

 

さて、今日はのお題は「内装タイル」です。

 

先日行われた見学会に来てくださった方は

「あ!」

と思われたかもしれません…

 

会場となったK様邸は

タイルが多く使用されていました。

 

ご覧になった方には

 

「タイルっていいですねぇ」

「タイルの色や貼る場所って選べますか?」

「自分の家も、こんなタイル張りの内装にしたいです✨」

 

など、大変ご好評いただいておりました🎶

 

 

さて、タイル張りと言えば水まわりの壁に使用されている事が

多いように感じます。

 

水回りでポピュラーな「陶磁器」のタイルは、

耐候性、防火性、防水性に優れた仕上げ材です。

 

酸やアルカリなど薬品にも強く、耐摩耗性もあり

メンテナンスが楽なのも、嬉しい特徴です🎶

 

またデザインバリエーションも豊富で

好みに合わせコーディネートを楽しむことができるのも

大きな魅力でしょう✨

 

ただ、空間別に少々選ぶポイントもあるそうです。

 

① キッチン

キッチンでは、カウンター前の壁などに

タイルを使用します。

 

限られたスペースなので、シンプルなデザインの方が

すっきりとまとまりますが、モザイクタイルを用いて

アクセントとしても◎!

 

また、カフェのようにカウンターに取り入れる

ケースもあるでしょう(o^―^o)

 

いずれも、選ぶ際には、キッチン扉や床材とのバランスはもちろん

オープンなキッチンであれば

リビング・ダイニング空間とのコーディネートが必須です。



② 洗面所

洗面で多くみられるのは、

洗面ボウルを設けたカウンター前の壁面に

アクセントとして取り入れたもの。

 

また、カウンターにタイルを使用する場合も🎶

 

こちらも限られた空間なので、

大きめのタイプよりも、小さめのサイズを!

 

モザイクタイルなども適しています

洗面ボウルや照明の光とのコーディネートに配慮して

選ぶといいようです。

 


③ 居室

 

居室の壁に取り入れる場合は、

タイルとつながる壁部分の素材(クロスなど)を

意識しましょう♪

 

同系色として統一感を持たせるか

空間のアクセントとなるような

色柄を選んでも◎

 

内装のテーマカラーを決めると

選びやすいのではないでしょうか(o^―^o) 

無料資料請求・お問い合わせ