大工魂ブログ

お部屋の「スッキリ」とは?

こんにちは、広報の古賀です。

 

早いもので、12月ももう半ばに差し掛かろうとしています💦

 

師走とは、よく言ったものです…

 

さて、一年の終わりと言えば「大掃除」が

待っていますね!

 

普段は見てみないふりしている、網戸や壁の汚れなど

綺麗に落として新年を迎えたいものです(-_-;)

 

そして家の汚れを落としたら、次は整理整頓。

 

家族の荷物もまとめてスッキリ収納したいのですが

中々難しいですね💦

 

以前、お施主様からも「部屋をスッキリさせたい」というお話を

お聞きしていたのですが、そもそもスッキリしている家と

そうでない家とは何がそんなに違うのでしょうか…?

 

 

オシャレなホテルやお友達の新築のお部屋などで

なんとなくお部屋がスッキリしているように感じる

そんな経験をしたことはありませんか?

 

そのようなスッキリして見える部屋には、

実は共通点があります🎶

 

それは、部屋に「無駄な線」が少ないということです。

 

ものが多く、ごちゃごちゃしている部屋よりも

机や棚のラインだけがくっきりと見える部屋の方が

スッキリしているように感じられますよね?

 

 

例えば、家具の配置もバラバラよりも

一か所にまとめてしまった方が部屋は

スッキリと広く見えます。

 

また、テレビ台は背が低く本棚は背が高いなど

収納する物でサイズはバラバラですよね。

 

その場合、アートや小物で高さを揃えると

部屋をスッキリと見せることができます(o^―^o)

 

または、背の順に家具を配置しても良いそうです!

 

他には、当たり前ですが、物がキレイに整理整頓され

片付けられている部屋は広く感じます💦

 

でも片付けには得意不得意がありますし

かっこよく収納するにもセンスが必要です。

 

「見える収納」は、よく聞きますが

少し間違えれば、どうしてもゴチャゴチャになってしまいます(-_-;)

 

その点、坂井建設の「家づくり」では

収納に大きなスペースが確保されているので安心ですね💦

 

「荷物が増えちゃって、部屋の中がごちゃごちゃ!」

「部屋中タンスだらけ…」

なんて事もなさそうです。

 

スッキリしている、というのは見た目だけでなく

普段の生活の中でのイライラを解消してくれます。

 

家づくりを考える際には、どのくらいの収納がれば

「スッキリ」暮らしていけるのか、しっかり考えたいですね(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ