大工魂ブログ

窓にも注意

こんにちは、広報の古賀です。

 

昨夜からの雷雨が凄いです💦

昼間は収まりましたが、まだまだ警報などが出ているようです。

 

 

昨日は備えについて触れましたが、

台風では、窓ガラスが割れて怪我をしてしまうことがあります。

 

その為、窓ガラスが風で割れないようにするための対策が必要となってきます。

 

勿論雨戸を閉めたりベニヤをはったり出来たらいいのですが、

それが出来ないお家も多いのではないでしょうか?

それではどうしたらいいのかというと、

窓ガラス飛散防止用フィルムを張っておくといいそうです。

 

最近では100均でも透明な物や、おしゃれな模様が入った物まであり、

それらのフィルムでも十分効果があるのだとか。

 

霧吹きで水を吹き付けてそのまま貼るタイプがほとんどなので、

作業方法は簡単ですので、誰でも貼りつけることができます(o^―^o)

 

しかし、もっと簡単にできたらいいですね💦

 

また、今から買いに行くのも。。。という場合は

テープを内側から貼るのも対策になります!

 

剥がすときの事を考えると、養生テープが良いようです。

 

テープと言えばガムテープを貼りたくなりますね。

 

しかし、ガムテープは剥がす時にうまく剥がれない心配があるので

ガムテープを使うのなら、ガラス部分に段ボールを敷き詰めて、

フレームの所にガムテープを張り付けるようにするといいようです。

 

その方が剥がす時に綺麗に取れやすくなります。

 

 

養生テープの場合は、米印のように張り付けて貰えば十分な効果があります。

 

さらにカーテンを閉めておけば、

より、ガラスの飛散防止対策になりますね。

 

また、ベランダに植木鉢などの物を置かないようにするのも大事です。

 

風で飛ばされて窓に当たり、割れてしまうことがあります。

 

忘れそうですが、物干し竿もかけたままにするのではなく、下におろしておきましょう。

 

大きな被害を出さないのが一番。

 

しっかりと台風対策をしておきたいですね!

無料資料請求・お問い合わせ