大工魂ブログ

佐賀県産木材

こんにちは、広報の古賀です。

 

久しぶりの雨でした🌂しばらく続くようですね。

 

さて、現場に伺うと、よく木の香りが漂ってきます。

 

それもそのはず、坂井建設は「木の家」にこだわりを持っています。

 

 

そしてこの木材は、実は佐賀の木から出来ているんです。

 

 

 

 

佐賀県産木材を使用するのは、なぜ?

 

森林には、二酸化炭素を吸収することで、地球温暖化の防止する機能があります。

 

しかし、佐賀県内本県の森林面積は、全国に比べると低い数字です。

 

これを改善するには、間伐等の森林整備を行うことが必要不可欠です。

 

また、間伐で伐った木を燃やさず木造住宅として利用すると、新しくCO2を排出しないので

 

さらに環境にプラスです。

 

そこで、佐賀県には「木のいえ整備促進事業」という制度が作られました。

 

これは、工務店などの建築会社に、県産の木材を多く使用して貰おう、という試みです。

 

地域材等を使用した木造の長期優良住宅に対して、その費用の一部が助成され、

 

地域資源活用型対象住宅には、最大50万円までの補助金が受けられます。

(※佐賀県が抽選を行います)

つまり!

 

県産木材を使用することで、低炭素社会に貢献することが出来

 

しかも、補助金が受けられるというメリットがあるんです。

 

食品には、地産地消が浸透していますが、木材も県産品を使うことで

 

個人にも社会にも良いことがあるんですね🎶

 
無料資料請求・お問い合わせ