大工魂ブログ

注文住宅のファサード

こんにちは、広報の古賀です。

 

N様邸完成見学会も間近に迫ってまいりました🏡

 

今人気の平屋の住宅で

内装も外観も洋風な可愛らしい雰囲気があります😊

 

外観の雰囲気を決めるポイントに

壁や屋根、サッシの色や素材が挙げられます。

 

そこで今回は、この外観についてご紹介します(o^―^o)

 

(佐賀市K様邸木の家)

 

ファサードとは、建物の正面からの外観を表す言葉です🏡

 

フランス語で顔を意味する

ファサード:facade(face,顔)が語源で

『家の顔』を意味しています。

 

顔の場合、眉毛を整えたり肌をお手入れすると

見た目が整って良い印象を与えます。

 

ファサードも家の顔ですから、

街に馴染むように外観を整えたり、

外構を整えたりすることによって

見た目の印象が良くなります。

 

人の顔を見た時に、

その人の人物像が何となく想像しますね。

 

それと同様に、家の顔を見ると

どんな家族が住んでいるのか想像できるものです。

 

建物の機能性だけでなく、

見た目も素敵な「家づくり」をしたいものですね。

 

 

ファサードを設計するときのポイント

 

  • 住宅のシルエットを考慮する

 

人がファッションを決めるときには

洋服を着たときのシルエットを意識しますよね。

 

自分に合うシルエットの服を着れば、

より美しく魅せることができます。

 

家も同じで、

建てる時にシルエットを考えることが大切です。

 

建物のシルエットに大きく影響するのが屋根の形です。

 

極端な例を挙げれば、一般的な三角形の切妻屋根、

それとは反対に真ん中が凹んでいるバタフライ屋根では

印象が大きく異なります。

 

その他の屋根が平らな陸屋根など、

最近流行の片流れ屋根など、

屋根の形状で家の印象は大きく変わります。

 

土地の形でもある程度の建物の形は決まってきます。

 

変形地や狭小地の場合、あえてその土地の形を生かした

デザインも良いでしょう🏡✨

 

  • 時刻による変化を意識する

 

昼間は周りが明るく、外観の美しさがそのまま反映されます。

 

夜になると暗くなるので外観の細部は見えづらくなりますが、

その代わり、光りの演出で違う顔を見せることができます。

 

エントランスの光り、部屋から漏れる光で、

家を美しく演出することも✨

 

(レバンテ)

 

坂井建設では、ファサードはもちろん、

高気密工断熱の家で機能性も重視した、

外見も内面も充実した家をご提案しています。

 

「家の性能だけじゃなくて、外観もこだわりたい!」

 

という方は、お気軽にご相談ください😊

 

 

 

 

完成見学会開催

 

日程:2019/11/30(土) 12/1(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市西与賀町 N様邸🏠✨

 

※すでに多くの方からご予約を頂いております。

日時によっては、すでにご予約で埋まっている場合が

ございますのでご了承ください。

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

無料資料請求・お問い合わせ