大工魂ブログ

土地購入は土地代だけ? ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて、今日は「土地の購入費用」についてです(o^―^o)

 

 

土地や家にかけられる予算は人それぞれです🏡

 

まずは、資金計画で「無理のない返済」から

逆算した全体予算を把握します。

 

そこから様々な経費を差し引けば、

その残った予算が、「土地」と「家」に

掛けられる予算ということになりますね😊

 

ですが、家を建てれば庭などの工事費用も

家代に加えて、別途に発生し

土地を購入しようと思えば

土地代に加えて、別途でかかってくる経費があります💦

 

つまり、残った予算の全てを

土地代と家代に使い切ることが出来るわけでありません。

 

そのため…

 

「一体どのような経費がかかってくるのか?」

 

ということを知っておく必要があります。

 

では、まず土地購入に際して

必要となるであろう経費からご説明していきます💰

 

 

不動産屋さんに支払う仲介手数料

 

土地の販売形態は2通りあります。

 

1つは、不動産屋さんが土地を買って

造成して販売するという形態。

 

もう1つは、一般の方が持っている土地を

不動産屋さんが仲介して販売するという形態です。

 

前者の場合は持ち主自体が不動産屋さんであるため、

仲介手数料はかからないのですが、

後者の場合は、仲介手数料を支払わなくてはいけません。

 

ただし!

 

前者の場合でも、別の不動産屋さんから

土地を紹介されて購入する場合は、

紹介してくれた不動産屋さんに

仲介手数料を支払わなくてはいけない場合があります。

 

なので、基本的には仲介手数料は

かかるものだと思っている方がいいです。

 

一般的には、金額は

 

(土地代×3%+6万円)×消費税

 

なので、土地を購入しようと思えば

この経費がかかってくるということを

覚えておいていただければと思います😊

 

 

水道加入金と水道引込み工事

 

そして、土地を購入すれば必ず必要となってくるのが、

市役所に支払う水道を使用するための権利金です。

 

この金額は、設置する水道メーターの

「口径」によって違います。

 

また、その基準となる口径も

市町村ごとに全く違ってきます💦

 

購入前にこの金額についても

把握しておくようにすると安心ですね。

 

また、敷地内に水道が引き込まれていない場合

更に工事費用が別途で必要になります。

 

もともと家が建っていて水道が引き込まれていたとしても

その口径が今の基準に満ちていなければ

新たに引込みをし直さないといけません💦

 

ただし、不動産屋さんが新しく造成した「分譲地」は

今の基準に合わせた水道が敷地内に引き込まれているため、

新たに水道を道路から敷地内に引き込む必要はありません。

 

 

 

 

後悔しない為の賢い家づくり勉強会

 

日程 10/26(土)27(日)
場所 メートプラザ
   佐賀県佐賀市兵庫北3-8-40

時間 (午前の部)10:00~11:30

   (午後の部)13:30~15:00

 

※各会、5組様限定

 

予約制となっておりますので

参加をご希望の方はHPにてご予約下さいm(__)m

スタッフ一同お待ちしております。

btn_orange_apply

無料資料請求・お問い合わせ