大工魂ブログ

夏に向けてのメンテナンス

こんにちは、広報の古賀です。

 

雨も多くなり肌寒い日もありますが

6月も後半に入り、夏も間近に迫ってきました。

 

そこで今回は、夏に向けて気を付けておきたい

メンテナンスについてご紹介します(o^―^o)

 

(アフターメンテナンスの様子)

 

 

まず確認してほしいのが、雨戸です🏡

 

梅雨時期の雨もそうですが、夏にくる台風の強風対策にも

雨戸は大切な役割があります。

 

いざという時のために、

こまめに油を差すなどのメンテナンスを行ってください。

 

 

次に、来客時に使うことの多い

「畳」のメンテナンスも大切です。

 

畳の部屋で風鈴の音を聞いたり

ちょっとごろ寝をしてみたり…夏といえばですね。

 

とはいえ、畳は吸水性が高いためメンテナンスを怠ると

後々大変なことに💦

 

普段の掃除は、畳の目に沿ってしっかりと

掃除機でホコリを吸い取いとるようにしてください。

 

ホコリを取り除くことで、通風をよくすることが出来ます。

 

畳の縁についた汚れも、薄いものなら消しゴムが使えます!

 

それでは取れない強い汚れが付着してしまった場合は

洗剤を水で薄めてブラシで擦った後、

蒸しタオルで叩きましょう。

 

 

最後は、家の「構造」を守るための

大切なメンテナンスです🏡

 

ここでポイントになるのが「湿気」です☔

 

梅雨の間はもちろん、夏場も夕立など雨の日が多く

湿気に困っている方も多いでしょう。

 

家にカビが発生してしまうのも、

この「温度」と「湿気」のせいです💦

 

実は、家にとって湿気が大敵といえます。

 

晴れた日には、こまめに換気をし

カビの発生を防ぐことが大切です。

 

湿気を放っておくと、結露が生じ

結露を放置しておくとカビが発生します。

 

更にそのカビを餌にするダニやシロアリ、菌が発生して

家の大切な構造材が腐り始めてしまいます😢

 

 

もちろん健康にも害があるため要注意です!

 

ではどうしたらよいのでしょうか…?

 

ポイントは「換気」です🏡

 

床下を換気をするなどのメンテナンスが効果的✨

 

また、防湿効果のある「炭」を敷き詰めるなども、

湿気をおさえる方法として効果ありです!

 

因みに…これから新築を考えている方には

「断熱材」や「複層ガラス」を使うことがお勧めですね。

 

 

 

家を長持ちさせるためにも、日々の掃除や換気

そしてメンテナンスはとても重要です🏡

 

どんなメンテナンスが必要なのか

しっかりと覚えておくと安心ですね😊

 

 
無料資料請求・お問い合わせ