大工魂ブログ

2×4って??①

こんにちは、広報の古賀です。

 

最近は、冷え込む日が多いですね💦

 

インフルエンザもまだまだ流行っているようなので

皆様もお気を付けください<(_ _)>

 

さて、今日は『2×4』工法についてです!

 

家を建てるなら、「かっこいい家」や「可愛い家」

を建てたいものですが

「建て方」にも種類があるんです(o^―^o)

 

2×4工法も、木造軸組工法と同じ木造系の建築方法になります。

 

2×4工法は、「木造枠組壁構法」と呼ばれることもあります。

 

2×4工法で家を建てる時には、

以下のようなサイズの角材と合板を使います。

 

主に使われるのが2インチx4インチ(two by four)のサイズの角材

であるため、2×4工法という名称で呼ばれています。

 

あまり知られていませんが、

2×4以外にも角材の大きさによって以下のようなものがあります。

 

ツーバイフォー(2インチx4インチ)

ツーバイシックス(2インチx6インチ)

ツーバイエイト(2インチx8インチ)

ツーバイテン(2インチx10インチ)

 

ちなみに1インチは約2.54センチメートルですので、

ツーバイフォーの角材というのは

縦5.08㎝、横10.16㎝のサイズの角材です。

 

構造

 

2×4インチの木材で作られた枠組みに

構造用の合板を釘打ちした木製パネルを組み合わせて、

床、壁、天井などの『面』を作って行きます。

 

在来工法の場合、柱は最大で4mに1本あればいいのですが、

ツーバイフォー工法の場合は、約0.5mごとに柱があることに🏠✨

 

ツーバイフォー工法は

木材と合板を釘によって接合して組み立てるため

釘の種類、本数、打ち方が構造強度に大きく影響します💦

 

因みに…接合部には、

ツーバイフォー工法独自の釘が使用されており

釘はサイズ別に色分けされています😲

 

釘の打ち方で強度が大きく変わるため、

適材適所に正確に釘が使用されていることが

簡単に分かるようにするためです。

 

具体的には、緑、黄色、青、赤の4種類の釘があり

それぞれの釘の長さは以下のようになっているようです。

 

緑:50.8mm(厚さ9〜12mmの構造用合板打ち付け用)

黄色:63.5mm(厚さ15〜18mmの構造用合板打ち付け用)

青:76.2mm(厚さ24〜28mmの構造用合板打ち付け用)

赤:88.9mm(厚さ38mmの構造用合板打ち付け用)

 

釘は合板の面に一定の間隔で打ち付けられ

壁板部分が出来上がります。

 

これを組み合わせて家を作って行きます🏠💪

 

 

 

T様邸完成見学会

 

日程:2019.3.2(土)・3(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市本庄町

 

1日7家族様限定予約制となっております<(_ _)>

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

 
無料資料請求・お問い合わせ