大工魂ブログ

農地に家を建てる ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて、今日は昨日の続きです(o^―^o)

 

 

「農地」に「家」を建てられる!となった際

気を付けておきたいポイントがあります😊

 

 

① 住宅ローン審査

 

住宅ローンを組むには、金融機関による審査に通る必要がありますが

金融機関によっては、地目が「農地」のままでは、審査には通りません。

 

「農地」という地目のままでは

多くの金融機関は融資に消極的だからです。

 

また、地目を変更しても厳しく見られる事が多い様です。

 

一般的には「市街化調整区域」の「農地」は

他の住宅地よりも「担保価値」が低く判断されてしまいます💦

 

逆に、既に住宅地として開発されている「農地」や

「市街化区域内」の「農地」であれば、

あまり問題ないようです😊

 

 

 

② 分筆

 

農地転用して家を建てるには『分筆』が必要です。

 

そもそも、農地転用する際の土地の面積は最大500㎡(約150坪)で

その内22%以上の建ぺい率が必要です。

 

まず、持っている農地が150坪以上あった場合は

150坪より小さくしないといけません。

 

それが『分筆』です。

 

どこで分けるかは、きちんと測量して決める必要があるため

手間とお金がかかります💦

 

更に…

 

「とにかく土地を広くしたい!」

 

と考え、150坪ぎりぎりで分筆すると

その22%以上の建ぺい率が必要なため

建築面積が33坪より大きくないといけなくなります!

(建築面積:建物を真上から見た時の面積)

 

平屋なら大丈夫ですが

二階建ての場合は、全部で50坪以上になるでしょう🏠

 

そのため、家の面積も考えながら

分筆する土地の面積を決める必要があります。

 

 

③ 地盤の強度

 

住宅を建てる際、必ず地盤調査を行います。

 

もともと、田んぼは地盤が弱い可能性が高いと言われています💦

 

昔から、地盤の強いところに家が建ち、

比較的弱いところを田んぼにする傾向があるからです。

(もちろん、あくまで傾向です。)

 

地盤が弱いと、「安心して暮らせる家」は建てられません😢

 

検査の結果次第では『地盤改良』が必要になります。

 

家を建てる際、地盤改良や杭工事などを行う事によって

もとが田畑であったとしても、安心して家を建てることができますね😊

 

因みに…田んぼの場合は、土を入れ替える方法があります。

 

表面の土地を数メートル掘り、違う土を入れる方法です。

これにより、住宅に適した地盤が出来上がります🏠✨

 

無料資料請求・お問い合わせ