大工魂ブログ

住宅ローンと火災保険②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日続き「住宅ローンと火災保険」についてです(o^―^o)

 

(断熱材の吹き付け後)

 

契約期間

 

2015年10月より各損害保険会社の協議によって

10年を超える長期契約の新規受け入れを停止し、

最長10年までの契約しかできないように改訂されました。

 

なぜ、最長10年なのか…?

 

もともと住宅ローンで家を買う人は、

火災保険も必要なものと捉えて、ローン期間一括での

「長期加入」に積極的な方が多くいらっしゃいました。

 

ですが、そうして長期契約になると

長期割の係数が大きくなります。

 

つまり、保険会社が儲からなくなるんですね。

 

これを改善するための処置としての決まりです。

 

2015年9月30日以前に住宅ローンを組んだ人からは

 

「火災保険も35年で入った方が楽だよ」

 

と、アドバイスされることもあるかもしれません。

 

ですが!現在は10年を超える契約はできなくなっています😢

 

メリットとしては…

 

金融機関を問わず一律10年契約になったことで、

住宅ローン利用時に加入できない火災保険が少なくなり、

より多くの保険会社を比較検討できるようになりました😊

 

改訂前は、36年まで加入できる火災保険が

「住宅ローン対応保険」と呼ばれていて

通販型保険は保険料が安くても住宅ローン利用時には

長期契約ができずに選べないケースもあったようです💦

 

 

火災保険会社を選べないケースも?

 

不動産会社から住宅を購入する場合、

住宅ローンや登記の手続きを全て

不動産会社がサポートしてくれます。

 

親切な不動産会社であれば…

 

「火災保険はどこでもいいから、

1ヶ月以内にどの保険会社にするか決めておいてくださいね。

保険加入内容は案内を用意しておきます」

 

といった感じで案内されます。

 

しかし、火災保険について何も案内せず

自社が代理店をしている損保会社で

契約をさせる方向で話を進めていくケースもあります💦

 

不動産会社からしてみれば、

自分のところで火災保険に加入してもらえれば、

代理店としてのキックバック(手数料収入)を得られ、

不動産取得に向けての案内や調整業務が

少なくなるメリットがあるからです。

 

不動産会社が強制して自社で扱う保険会社に加入させる行為は

「独占禁止法」に触れますが、保険会社を選べることを濁して

話を進めてしまう行為はよくあります。

 

とはいえ…

 

「保険料が安い通販型保険で火災保険を加入したい」

 

などと伝えた場合、不動産会社は応じないといけない

というルールになっています。

 

このような強引な誘導に対処するためにも、

早めに火災保険の見積もりを自分で取るにあたっての

「補償内容」「保険設定金額」などの確認を

取っておくようにしましょう😊

無料資料請求・お問い合わせ