大工魂ブログ

地鎮祭!

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて、今日は「着工から完成」までの流れを

1つずつ詳しくご紹介します(o^―^o)

 

まずは、『地鎮祭』に関してです!

 

 

『地鎮祭』には二つの目的があります😊

 

まずは、その土地に住んでいる神様を鎮め

土地を利用する許しを得ること。

 

そして、工事の無事や安全と家の繁栄を祈ることです。

 

最近では省略されることもあるようですが

建築の現場では、慣習や信仰を重要視していること多いため

多くの場合は、行われている様です🏠

 

一般には「神式」で神主さんが行います。

 

ですが、「仏式」「キリスト教式」で行う事も♪

 

因みに、服装は普段着でも大丈夫です。

 

もちろん、少しかしこまってスーツなどを着ても素敵ですね✨

 

神饌など、お施主様に用意して頂くものもあるので

設計事務所や施工会社に確認しておきましょう。

 

流れ

 

地鎮祭は地域によりお祭りの仕方が異なる場合もありますが、

基本的な祭儀の流れは神社の祭儀とほぼ同様です。

 

そのなかでも特徴的なこととして三つの行事がおこなわれます。

 

一つは『祓』の行事…

 

四方祓の儀として、祭場四方の敷地を大麻で祓ったり

半紙と麻を切って作った切麻などを撒き、祓い清めます✨

 

 

二つ目は『起工』の行事…

 

刈初の儀・穿初の儀と称して、施主・施工者が忌鎌・忌鍬・忌鋤で

草を刈り、地を穿つ(掘る)所作をおこない

神様に工事の開始を奉告します💪

 

(代表です。O様邸地鎮)

 

三つ目は『供物』の行事…

 

鎮物埋納の儀と称して、神霊を鎮めるために鎮物の品を捧げ

工事の無事安全を祈ります。

(河野棟梁。同じくO様邸地鎮祭)

 

(神社本庁:http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/omatsuriiroha/jichinsai/)

 

 

 

「家づくり」には、沢山のイベントがありますが

地鎮祭は、その土地で暮らしていくための大切な儀式です!

 

もちろん、家族の思い出にも(^^♪

 

これから続く新しい生活の為に、

しっかりと神様にご挨拶しておきましょう😊

無料資料請求・お問い合わせ