大工魂ブログ

着工から完成まで②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続きで『木工事』のご紹介です(o^―^o)

 

 

木造住宅を建てる場合、重要なポイントが『木工事』です。

 

大工さんが中心になって、住宅の骨組みを造っていくのが『木工事』です🏠

 

土台、柱、梁など、木材をそれぞれの場所に組み立てて、

家を形づくっていきます😊

 

 木工事

 

① 土台

 

基礎工事が完了すると、いよいよ土台です😊

 

住宅の骨組みとなる工程に進みます。

 

② 棟上げ

 

柱や梁など、家の構造となる木材を組み立てて

主要な骨組みを造ります。

 

棟木を上げて完了です🏠

 

③ 躯体工事

 

家の形作る『骨組み』を造るための工事です💪

 

棟上げが終わったら、柱や梁などの構造材を

金物、ボルトなどを使って固定していきます。

 

④ 仕上げ工事

 

内外装の工事を総称して仕上げ工事といいます。
 
 

外装の屋根・板金工事や外壁の下地、仕上げ工事↓

 

内装には断熱工事や壁・天井の下地、仕上げ工事↓

 

⑤ 設備工事

 

同時に、電気や水などの設備に関する工事が進みます。

 

仕上げ工事の前に行われる作業多くあります。

 

また、様々な工事があり

それぞれに専門の職人さん達がいらっしゃいます😊

 

無料資料請求・お問い合わせ