大工魂ブログ

本見積もり

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて、今回は『本見積もり』に関してです(o^―^o)

 

 

実地設計図を元に、本見積りを作成してもらいます。

 

会社によって、図面から必要な材料の数量を出し、

工事項目が細かく示される見積書を作成している場合と

材料費や経費などが合わさった複合単価が、

一式になっている見積書を作成している場合があります。

 

どちらが良いと言うわけではありませんが

一式表示になっている時には、見積りに「何が含まれていているのか」

が分かりにくい事もあるので

その内容をしっかり確認をすることが重要です😊

 

合計の金額ばかりに目がいって…

 

「見積もりに、含まれていない費用があった!😢」

 

となっては、意味がありません💦

 

複数の見積もりを比較・検討する場合は

見積りを工事項目ごとに整理し、

見積りに「含まれているもの」「含まれていないもの」を

明らかにする必要があります。

 

また、仕様に関しては「価格」だけでなく「機能」も

考慮したうえで検討しましょう!

 

見積り条件を合わせておくと

工事ごとの費用が比較しやすくなります✨

 

本見積もりの内容は、そのまま契約のない様になるため

後々トラブルにならないよう、しっかりとチェック✔し

予算を超えてしまわない様に調節しましょう♪

無料資料請求・お問い合わせ