大工魂ブログ

火災保険

こんにちは、広報の古賀です。

 

昼間はまだまだ暑さを感じますが

朝晩は、冷え込む様になってきましたね(o^―^o)

 

さて、今日は「火災保険」に関してです。

 

 

そもそも火災保険が補償する内容は、「火災」だけではなく

「風災」「水災」「落電」「盗難」などがあります。

 

家を購入する際には、この火災保険井加入する方が

多いと思いますが、どうやって選ぶといいのか

迷ってしまいますね。

 

実際、条件次第では

加入する必要性の低い補償もあります。

 

ただし、不動産会社や金融機関の中には

あらかじめ火災保険の加入条件が決められている場合もありますので

担当の方に確認しておくとよいでしょう。

 

では、保険を選ぶ際には気を付けておきたいポイントをご紹介します😊

 

 

① 補償内容

 

まずは

「火災」

「落雷」

「破裂爆発」

「風災・雹災・雪災」

「水災」

「落下・飛来・衝突」

「水濡れ」

「騒擾・集団行為に伴う暴力行為」

「盗取・(盗難による)損傷・汚損」

「(突発的な事故による)破・汚損」

の全てをカバーしておく事が基本です。

 

ただ、もし削るとしたら「水災」が考えられます。

 

ハザードマップをよく確認した上で

家が高台にあり、河川や崖がない場合には

除外を検討しても良いでしょう。

 

ただし、もしもの為の保険ですので

保険料の為に補償を無理に削ってしまっては意味がありません

 

見極めは慎重に行ってください。

 

 

② 保険金額

 

いざという時に、いくら貰えるのか…ですが

金額の出し方には二通りあります。

 

・再調達価格

・時価額

 

です。

 

再調達価格とは…

同等のものを再築もしくは購入するのに必要な金額の事です。

 

時価額とは…

再調達価格から、劣化による価値の減少と使用による消耗分を

差し引いた金額をいいます。

つまり、建物や家財などの現在の価値という事になります。

 

そして、保険金額を決めるときは

再調達価格と同じにすることが大切です。

 

そうすることで、万が一の事態が起こっても

以前と同じ建物を再築することができます😊

 

 

③ 地震保険

 

火災保険だけでは、地震が原因の火災には対応していません。

 

是非加入しておきたい保険ですが

注意しておきたいポイントは、地震保険では

火災保険で建物・家財に設定した保険金額の

最大50%の範囲でしか補償されないという点です。

 

また、かけていた保険金額の全額が支払われるとも限りません。

 

内容をしっかり確認したうえで加入するようにしましょう。

 

 

④ 契約期間

 

保険期間は、長ければ長いほど保険料は割安です。

 

また、中途解約でも解約返戻金があるので

デメリットは少ないでしょう。

 

ただし、これから保険に入る場合は

最長10年となっています。

 

10年の長期契約の方が保険金はお得ですが

補償内容や保険会社を見直すという意味で

2~5年程度で契約する方も多い様です。

 

 

 

 

火災保険も、補償を自分で選択出来るものが多くなっています。

 

ローン同様、自分に合ったプランを選べるよう

しっかりと検討するようにしておきましょう😊

 

 

 

完成見学会開催(1日7家族様限定 完全予約制)

 

今年最後の完成見学会が開催されます!

 

今回は、内装も外装もとってもオシャレ✨で

家にいるのが、なんだか楽しくなってくるようなK様邸が会場です🏠

 

これから「家づくり」をスタートしたい♪という方

どんな間取りにしようか迷ってる…という方

まだ良く分からないけど、とりあえず見てみたい!という方

 

是非、ご家族揃ってご来場ください😊

 

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

無料資料請求・お問い合わせ