大工魂ブログ

工務店選びポイント③

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、『工務店』選びのポイントの続きです(o^―^o)

 

 

⑥ 自社施工

 

他社や下請けに外注せず自社施工する工務店が良いでしょう😊

 

現場に直接かかわるので、

「造り上げる」責任を重く受け止めています。

 

現場とのコミュニケーションも取りやすく

情報が取り次がれていない、という事態も防げます。

 

大手では外注する傾向が強く、

「担当者に伝えたことが現場に十分に伝わっていない」

といったトラブルになってしまうことも💦

 

 

また、誰が造ったのか良く分からないよりも

顔を知っている人の方が安心出来ますよね😊

 

同じ構造材や設備を使うにしても

その使い方で、家の質に違いがでてしまいます。

 

ですが、現場に直接見学に行くことが出来れば

自分の目で確認したり、分からないことは聞いてみる事も!

 

だからこそ、現場に直結している工務店の方が良いといえます。

 

 

⑦ 要望を聞いてくれるか

 

どんな家を建てたいか…

 

お客様の「こだわり」や「想い」を

「家」として造り上げるのが工務店の仕事です。

 

なので、単に「何畳の部屋にしたいのか」

よりも「何をする為に必要な部屋(スペース)か」の方が

重要なポイントになってきます。

 

つまり、お施主様の「生活スタイルに合わせた家」を造るという事です。

 

その話をしておかないと、折角完成しても

「家に合わせた生活」を強いられてしまいます。

 

 

ただし…

 

「どんな事でもやります!」

 

と言われたら、要注意です💦

 

「家づくり」は、一生に一度の大切な買い物です。

 

 

だからこそ、そんな事を言われると任せてしまいたくなりますよね。

 

ですが、「こだわり」を持って「家づくり」をするという事は

逆に、「やらない」事「造らない」物もあるという事です。

 

正直に、出来ない事もあると言ってくれる工務店の方が

信頼できるといえるでしょう。

 

 

 

家は、完成後すれば何十年と住む場所です。

 

ハウスメーカーやビルダーも含めると

「家づくり」のパートナー選びは頭を悩ませる問題になるでしょう。

 

ですが、これからずっと続く生活の事を考えると

やはり、じっくり選びたいものですね😊

 

「ここだ!」

 

と思えるパートナーを選べるように

しっかりとポイントをおさえておきましょう!

無料資料請求・お問い合わせ