大工魂ブログ

長期優良住宅とは?

こんにちは、広報の古賀です。

 

ここ数日、朝晩には暑さが和らぐ日が続いています。

 

とは言え、また暑さが戻ってくるようなので

引き続き体調管理には、気を付けておきたいですね(o^―^o)

 

さて、今回は『長期優良住宅』についてです!

 

(↑高性能断熱)

 

そもそも『長期優良住宅』とは…

 

‟長期にわたり良好な状態で使用するための措置が

その構造及び設備に講じられた優良な住宅のことです”

 

また

 

‟従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から

「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」

ストック活用型の社会への転換を目的” 

 
として、長期優良住宅の普及の促進に関する法律
施工されています😊
 
(国土交通省:http://www.mlit.go.jp/index.html)
 

 

この認定を受けると…

税制優遇や、【フラット35S】などの

金利優遇を受けることができます✨

 

ただし、長期優良住宅の認定を受けるには

所管の行政庁から認定を受ける必要があります!

 

因みに、認定条件は

 

  • 耐震性

  • 耐久性能(劣化対策)

  • 維持管理・更新の容易性

  • 住戸面積

  • 省エネルギー性

  • 居住環境

  • 維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)

 

と、様々です。

 

優良住宅としての性能はもちろん

維持保全に関する計画が条件に組み込まれているのも

ポイントの1つです。

 

『長期優良住宅』は、一般的な住宅よりも

高い認定基準をクリアしているため、工事費が高くなったり

申請手続きの手間や費用も生じます💦

 
 
ですが、『長期優良住宅』には経済的なメリットはもちろん
 

「折角のマイ・ホームだから、性能にこだわった価値のある家にしたい」

という方には、暮らしの快適さを手に入れる事が出来

更に『長期優良住宅』であるという

「家の性能」の目安が出来るというメリットもあります。

 

 

 

 

これから、長く長く暮らしてく家だからこそ

メリット・デメリットを理解したうえで

「家づくり」を進めていきたいですね(o^―^o)

 
 
無料資料請求・お問い合わせ