大工魂ブログ

変動金利の落とし穴!?①

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、近年人気の『変動金利』の気を付けておきたいポイントを

ご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

住宅ローンには『変動金利』と『固定金利』があります。

 

一番気になるのは

「どちらを選べば得なの…?」

という点だと思いますが、それは誰にも判断できません💦

 

ですので、それぞれの特徴とメリット・デメリットを理解したうえで

自分に合った金利を選ぶ必要があります。

 

ところが、変動金利の場合契約当初の金利が低く設定されている為

パッと見でお得に感じてしまい、あまり深く考えずに

変動金利でローンを組む人がいるようです。

 

ですが、『変動金利』は文字通り金利が変わるため

借入の期間中、金利が見直され続けます。

 

そして、ここにも1つ落とし穴が…😲

 

① 仕組みが複雑

 

変動金利の金利の見直しは半年に一度です。

 

つまり、この見直しのタイミングで金利が上がっていれば

次の半年間は、その上がった金利が適用されます。

 

もちろん、タイミングよく金利が下がれば

次の半年間は、下がった金利が適用されます😊

 

ただし!『返済額』に関しては

半年ごとに見直されるのが一般的です。

 

つまり、仮に金利があがっても

月々の返済額がアップするわけではありません。

 

では何が変わるのかと言うと…

 

実は、返済額の中の『利息』と『元金返済』の割合が変わり

『利息』の割合が増えるんです😢

 

なので、元金の返済がどんどん遅れてしまう事に…。

 

変動金利を利用する際には、金利更新時に

適用された金利を必ずチェックしておかなければ

大変なことになります💦

 

月々の返済額が変わらないため実感しにくいですが

返済額が見直される時になって

「ローンの残高が思ったより減ってない…どうして??」

となってしまう可能性があるんです。

無料資料請求・お問い合わせ