大工魂ブログ

夫婦ペアローン

こんにちは、広報の古賀です。

 

台風が向かってきていますね💦

 

何事もなければ良いのですが…。

 

 

さて今回は、ローンの中でも『夫婦でローンを組む場合』

についてのご紹介です(o^―^o)

 

 

現在は、ご夫婦で共働きと言うご家庭が多いですね。

 

「仕事が好きだから」

「もしもの時に備えておきたい」

「収入を増やしたい」

 

などなど、理由は様々だと思います😊

 

ローンを組む際の「借りられる限度額」は

収入で決まりますので、ローンを組む際は

ご夫婦二人の収入を合わせた金額の方が

当然高い額の借り入れが可能です✨

 

また夫婦でローンを組む場合、方法が3つあり

それぞれに違った特徴があります!

 

 

 

① ペアローン

 

一つ目に、夫婦それぞれが住宅ローンを借りて

2つのローンを組む『ペアローン』があります。

 

申込手数料などはそれぞれに発生しますが

別々のローンを組むので、金利や返済期間を変える事も可能です。

 

この場合、妻に関しては一般的に「妊娠・出産」などで

一次的に収入が減ってしまう事が多いの為

借入額は少なめにしていた方が安心ですね。

 

更に、「住宅ローン控除」が二人分受けられる事は

大きなメリットです!

 

支払いを「建物」と「土地」で分けていた場合

「土地」を支払う側には控除が適用されないので、

この点には注意が必要です。

 

また、夫婦それぞれが団体信用生命に加入するため

夫に万一のことがあった場合には、夫の分の契約のみ保険金がおりて

住宅ローンが弁済されます。

 

つまり、妻は夫の死亡後も自分の住宅ローンに関しては

返済し続けなければなりません💦

 

 

 

② 連帯債務

 

夫婦が連名で借りる住宅ローンです。

 

この場合、どちらかが『主債務者』、もう一人が『連帯債務者』

となって、1つの住宅ローンを契約する事になります。

 

夫婦で住宅ローン控除を利用でき

また手数料が1つで良いのもメリットの1つです。

 

フラット35の利用が代表的で、夫婦二人で

『デュエット』という団信に加入することができます♪

 

ただし、民間金融機関の場合は

取り扱っている金融機関が少ないようです😢

 

 

 

③ 連帯保証人

 

 

連帯保証の特徴は、住宅ローンを契約するのは一人で

もう一人は連帯保証人の扱いになる点です。

 

借入額が増えるものの、団信に加入したり

住宅ローン控除を受けることはできません💦

 

上の二つと比較した場合

メリットが少ないと感じるかもしれません。

 

 

 

 

夫婦でローンを組む場合、「収入」に対する

金融機関の判断の方法は様々です。

 

例えば、正社員・パートなどの働き方によっても

金融機関によって、収入への考え方が違います。

 

所有権なども含めて少々複雑にもなりますが

メリットも多いので、共働きのご家庭は

 

「どうやって、夫婦二人でローンを返済するのか」

 

を考えてみると、いいのではないでしょうか?😊

無料資料請求・お問い合わせ