大工魂ブログ

「掘り出し物」の土地

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は土地探しについてご紹介します(o^―^o)

 

買い物をしていると「掘り出し物」の靴やバッグなどを

見つける事もあります。

 

では、『土地』の場合はどうなのでしょうか…?

 

 

ズバリ!・・・「掘り出し物」の土地はないようです😢

 

仮に掘り出し物があったとしても、不動産業者などが

表に出る前に購入してしまいますので、

個人に情報が開示される頃には、すっかり「掘り出し物」では

なくなってしまいます💦

 

表に出た時点で比較的安くなっている土地には

必ずそれなりの理由がある、と考えた方がよさそうです。

 

ただし、その理由が「気になる程の事」

なのかどうかは分かりません!

 

例えば、整形地以外の土地だった場合…。

 

L型や三角形、台形の土地など変形した土地だったら

使い勝手の問題から整形地に比べ安くなります。

 

ですが、広さや設計によっては

大きな問題にならないこともある様です😊

 

他にも、線路や墓地の隣も値段がさがります。

 

こちらは、心理的な負担もあるので

本当に気にならない場合にのみ、お得ですね💦

 

ただし、「高圧線が近くに通っている土地」(建築に制限がある)や

「古屋付き」(解体工事の費用が掛かる)など

基本的に『つくりの制限』や『費用』の問題が

関わってくることが多いので、よく考えたうえで

購入を決めたほうがよさそうです。

 

 

 

もし相場より安い価格の土地を見つけたら、

「何かあるな」と疑ってみてください!

 

 

「掘り出し物」を購入できれば確かにお得ですが

中々現実的には厳しいと思って

希望と現実に折り合いを付けながら探したほうが

いいようです😊

無料資料請求・お問い合わせ