大工魂ブログ

ドアも色々②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続き『ドア』についての

ご紹介です(o^―^o)

 

 

② 引き戸

レールや溝に沿ってスライドさせる事で開閉するドアのことです。

 

一般的には開き戸よりも密閉度が低いものの

開閉のためのスペースがいらない利点があります😊

 

また、開け放しにしたり、少しだけ開けておいたりと使い勝手が良く

開閉に際して前後の移動がないので車いすでも通りやすいので

バリアフリーに適しているという点も魅力的です✨

 

ただし、引き戸を引き込むスペースが必要になるので、

引き戸が付けられる場所は限られてしまいます💦

 

 

・片引き戸

 

最もオーソドックスで、1本のレールや溝に沿って

横にスライドさせて開閉させる戸のことです。

 

・引き分け戸

 

引き分け戸は、仕組みは同じで2枚扉を持つドアです。

 

両側にスライドさせて開けるため、開きはお気くなりますが

部屋に中にレールを設置すると

壁側にドアの収納スペースが必要になります。

 

廊下側であればあまり問題はありません。

 

 

・引き違い戸

 

2枚の戸が左右にスライドして

左右両方から引き開けられるタイプのドアです。

 

押入れの襖などに使われ、ドアの両側の壁が使えます。

 

 

・引き込み戸

 

ドアを壁の中へ引き込み、ドアを全開することが出来ます。

 

壁の中に入ってしまうので、開放感があり両側の壁も使えますが

戸袋内を掃除するのが難しく、ホコリがたまってしまいがちです💦

 

 

 

③ 折れ戸

扉自体を折りたたんで開閉するタイプのドアです。


開閉スペースが開き戸よりは小さく済みますが

開口部を完全に開くことが出来ないデメリットがあります。

 

家の中では、浴室やクローゼットに使われている場合が

とても多いです。

 

 

 

 

この様に、ドアには様々な種類があります。

 

メリット・デメリットも様々なので、場所や家の間取り

家族のラフスタイルに合ったものを選びたいですね😊

無料資料請求・お問い合わせ