大工魂ブログ

キッチンのレイアウト

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、梅雨らしい天気の一日でしたね☔

 

さて、先日行われた完成見学会で

沢山の方々から注目を集めたのが『キッチン』です。

 

現在ではオープンキッチンが主流で、

リビングから一続きになっているキッチンが多いため

見た目にもこだわりたいですね✨

 

そして何より、キッチンは料理好きの方や

多くの主婦・主夫にとって、とても大切な場所です。

 

だからこそ、やはり『使い勝手の良さ』は

重要なポイントです😊

 

そこで今回は、キッチンのレイアウトについて

ご紹介したいと思います。

 

 

まず、キッチンのレイアウトを考える際

最も大切にしたいのが、『動線』です!

 

海外ドラマにでも出てきそうな、広々としたキッチンは

憧れる!という方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、実はキッチンは広ければ良い、という事はなく

『動線』によって使いやすさは大きく変わってきます💦

 

動線は短い方が疲れにくく、準備や調理、配膳の作業が

スムーズにできる事がポイントです。

 

では、具体的にどうやってレイアウトを決めると

良いのでしょうか…?

 

 

キッチンの理想的な動線をつくるために、

ひとつの目安になるのが『ワークトライアングル』です。

 

ワークトライアングルとは、シンク・コンロ・冷蔵庫の

3点を線で結んだ時に出来る三角形のことをいいます。

 

この三角形が正三角形に近いほど使い勝手が良く

三辺の合計が360㎝~600㎝に納まるのが

適切とされているそうです😲

 

この範囲を超えてしまうと必要な動きが増えてしまい

逆に小さくなると、調理や配膳などの時に狭苦しく感じてしまい

どちらの場合も作業効率が悪くなってしまいます💦

 

 

ただし、この三点が一直線になっているI型のキッチンの場合は

210㎝~270㎝が適切で、360㎝を超えると

動線が長くなってしまい、使いにくいキッチンになるようです。

 

 

 

 

キッチンは、今後の暮らしの為の重要なポイントです✨

 

間取りを考える際には、作業動線についても

しっかりと確認しておきたいですね😊

 
無料資料請求・お問い合わせ