大工魂ブログ

湿気対策

こんにちは、広報の古賀です。

 

梅雨に入って、ジメジメとした日が続きます🌂

 

そうなると、気になるのは『湿気』ですね!

 

湿気は、大気中に含まれており

人の呼吸や生活の中からも排出されます。

 

そして、温度差によって空気中の水分が

水滴となって表れるのが結露です。

 

因みに、結露には「表面結露」と「躯体内結露」があり

結露から家を守るには、これら両方の対策が必要です💦

 

 

表面結露

 

屋外が寒くなり気温が低くなると、窓やサッシ

壁の内側部分に結露することが多くなります😢

 

こうした目に見えるところで起こる結露を

『表面結露』と言います!

 

対策としては、一つ目に湿度を上げない事です。

 

例えば、加湿器や洗濯物。

 

加湿器は勿論のこと、室内で洗濯物を干していると

当然水分が屋内に放出されます。

 

また、浴室やキッチン、一部の暖房器具は

空気中に大量の水蒸気を放出します。

 

こういった場合には、換気を細目に行うなどの

対策を立てましょう(o^―^o)

 

そして二つ目は、家の中に大きな温度差が生じないように

することです。

 

廊下など気温の低い場所があると、

そこで結露が起こりやすくなります!

 

細かい間仕切りがあると温度差が出やすくなるので

家の中の風通しをよくするようにしましょう♪

 

表面結露も発生をそのまま放置すると

部屋の中やクローゼットの壁の内側にカビが生えたり

木材が腐ったりする事も…💦

 

窓やサッシなどに結露を見つけたときは

少し面倒ですが、こまめに拭き取りましょう!

 

 

躯体内結露

 

建物の床下、壁内、天井裏などで起こる結露が

『躯体内結露』です😊

 

この結露は、普段の生活の中で目に入る事はありません。

 

ですが!木造建築などでは、その結露によって材木の水分が増え

いつの間にか家そのものが弱くなってしまいます😢

 

それが更に進むと、木材を腐らせる「腐朽菌」が

発生してしまいます。

 

躯体内結露の対策としては、家を建てるときからの

対策も必要です!

 

つまり、断熱材の力が必要になるんです💪

 

断熱をしない部分(隙間)には湿気が集まります💦

 

また断熱した部分でも、その断熱材の種類によっては

壁の内側に湿気がたまり、結露をおこす場合があるそうです😲

 

結露は建材を腐食させ、家を傷める大きな原因となります…。

 

ポイントは、断熱材が隙間ができないように施工すること!

 

そうすることで、空気が入らず結露が発生しません。

 

とはいえ、断熱は壁の内側で目に見えない部分ですので

家を建てる際には、事前にしっかりと

確認しておくのが一番ですね✨

 

因みに…

 

今回完成見学会を開催するO様邸では

アップルゲートセルロース断熱を使用し

結露対策もバッチリです♪

 

気になる方は、見学会でご質問ください😊

 

 

 

完全予約制 O様邸・完成見学会開催決定!

 

大好評の完成見学会開催されます🎶

 

日程:2018/6/16(土)17(日)

時間:10:00~16:00

場所:神埼市千代田町餘江1459-4

 

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

なお、見学会は1日限定5家族様限定となっております💦

 

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

 

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

 

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

 

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

 

btn_orange_apply

 

 

無料資料請求・お問い合わせ