大工魂ブログ

私の家には何坪必要?

こんにちは、広報の古賀です。

 

先日

「家を建てるのに、何坪ぐらい必要ですか?」

という質問がありました。

 

と言う事で、今日は「必要な坪数」について

ご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

まず第一に、新居にはどれ位の広さが必要なのか…

これは、ご家族の構成や年齢、ライフスタイルなどで決まりますので

「何人家族だと何坪必要」とは一概に言えません💦

 

まずは現在のお住まいの広さを基準にして、

不満や希望、家族のライフスタイルの変化を元に考えてみるのが

分かりやすく、より現実的な考え方です。

 

「収納が足りないなぁ。」

「子供部屋をつくってあげたい。」

「二世帯を考えてる。」

「階段は嫌だから、平屋にしたい。」

「お風呂場や洗面所を広くしたい。」

 

などなど…

 

ただし、注文住宅の工事費は

施工面積にもっとも影響を受けます。

 

当たり前ですが、土地を購入して注文住宅を建てる場合

建物の施工面積は、購入する土地面積が関係しているので

予算が大きく変化することになります💦

 

ですが!工夫によっては同じ面積でも

より広く使える家を建てることは可能です✨

 

家に対する考え方やライフスタイルがハッキリしているほど

ムダのない割り切った間取りが可能ですので、

この機会にご家族で新居のあり方やそれぞれのライススタイルを

確認しあってみてはいかがでしょうか♫

 

 

なお、各部屋の希望する広さをプラスしながら計算する方式は

あまり良い方法ではありません😢

 

「折角だから、広めにしよう。」

「取り合えず大きければ、問題ないよね。」


など、一つ一つはチョットした贅沢でも

積み上げてしまうと収拾がつかなくなってしまいます。

 

それよりも、現在住んでいる家の広さに対して

 

「リビングとお風呂は大きくしたい。」

「キッチンは今の広さでも十分かな。」

「子供部屋や主寝室は、小さくても大丈夫。」

 

など、希望を差し引きし

各部屋にメリハリをつける考え方の方が現実的です!

 

なお、部屋の面積と壁の厚みを含めた施工面積には

1割ほどの差がありますので、増分が多い場合には

少し多めに計算した方が無難のようです。

 

【フラット35】利用者調査ですが

平成28年度都道府県別の平均延べ床面積は

佐賀県が40.3坪で全国6位でした。

 
 

広いですね。

 

とは言え、上記しました通り

「必要な坪数」は、ご家族によって全く違います😊

  

広さを決める際には、見学会やモデルルームなど

実際の広さを家の形で見てみることもお勧めです!

 

思っていた10畳と、実際の10畳は違って感じるものです(o^―^o)

 

他にも

「実際に、詳しく話を聞いてみたい」

という方は、お気軽にご相談ください♪

無料資料請求・お問い合わせ