大工魂ブログ

火災保険節約術

こんにちは、広報の古賀です。

 

見学会が終わり、坂井建設は通常運転です(o^―^o)

 

さて、今日は火災保険の「割引」についてご紹介します!

 

 

実は、建物の構造や種類によって、火災保険料は変わるんです😲

 

① オール電化住宅割引

住宅内の空調・給湯・調理などの全ての設備を電気でまかなう場合

 

② 発電エコ住宅割引

国による補助金交付の対象となる住宅用太陽光発電システム、

燃料電池コージェネレーションシステム

(化学反応によって電気をつくり、発電時の熱も有効利用するシステム)

 

③ T構造耐火性能割引

建物の構造区分がT構造(耐火構造)で、

かつ外壁の耐火時間が60分以上である場合

 

④ H構造耐火性能割引

建物の構造区分がH構造(非耐火構造)で、

かつ外壁の耐火時間が45分以上である場合

 

⑤ ノンスモーカー割引

建物内で喫煙を行わない世帯、ただし保険期間は1年のみ

 

因みに、地震保険の場合…

1.建築年割引

2.耐震等級割引

3.免責建築物割引

4.耐震診断割引

(1~4は、重複して適用する事は出来ないようです)

 

各種保険割引をあげましたが、

保険会社によって割引や割引率は変わりますので

その点は、ご注意ください!

 

 

無料資料請求・お問い合わせ