大工魂ブログ

諸費用って?②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今回は、「諸費用」について

前回の続きをご紹介します(o^―^o)

 

 

付帯工事費用とは?

 

 

本体価格に含まれるものはハウスメーカーや工務店にもよりますが

基礎工事から建物本体を作る工事、

サッシ・窓などを取り付ける設備工事、

コンセントや照明の配線を調える電気工事があります。

 

一方、付帯工事費用に含まれるものは本体工事費以外の項目です。

 

前回触れましたが、

付帯工事費用は本体価格の15%~20%が目安です。

 

地盤が軟弱だったり、公道から離れた場所や

住宅地以外であったりすると、基礎補強工事関連費用や

引き込み工事関連費用などが多くかかる可能性があります。

 

付帯工事費用とは、具体的に言うと

下記のような工事にかかる費用のことを言います。

 

 

<主な付帯工事費用の一覧>

・基礎補強工事関連費用  :  地盤改良が必要な場合などにかかる費用

・引き込み工事費用 : 水道管やガス管を敷地内に引く際にかかる費用

・エクステリア工事関連費用 : 門扉や庭などにかかる費用

・屋外電気工事 : 駐車場の照明や外にある水道を取り付けるための費用

・インテリア関連費用 : カーテンレールなどを取り付ける費用

・電設工事関連費用 : エアコンなどを取り付ける費用

・解体工事費用 : 家を解体して新たに建てる場合に必要な解体費用

 

ハウスメーカーの場合は付帯工事費用という項目のみで、

内訳は明らかにされないことも多い様です。

 

 

 

 

注文住宅を建てる場合の諸費用

 

cost

 

建売住宅やマンションではかからず

注文住宅を建てるときだけかかる諸費用があります。

 

つなぎ融資関連の諸費用

建築確認申請費用などを含む諸費用です。


では、つなぎ融資とはなんでしょうか?

 

そもそも建売住宅やマンションでは、手付金を支払った後は

引渡時に1度だけ支払えばそれで済みます。

 

しかし、注文住宅の費用の支払い時期は3回~5回あるのが一般的です。

 

ハウスメーカー・工務店にもよりますが、

大きく分けて土地購入時・工事契約時・

建物の建設着工時・建設上棟時・引渡し時に

分けて支払う必要があるのです。

 

しかも、多くの金融機関は、

土地購入時と建物引渡し時にしか

住宅ローンを貸し付けてくれません。

 

しかし、そうなると着工時や上棟時などに

費用を払えなくて困りますよね💦

 

着工時や上棟時・引渡し時はそれぞれ建築費用の

30%払うことも多いようです。

 

その費用を自費で払えない場合には

つなぎ融資を利用するケースがほとんどであると思われます。

 

 

<参考:土地付き注文住宅建設時の流れ>

①ハウスメーカー・工務店選び

②ハウスメーカー・工務店などによる地盤調査

③土地購入

④ハウスメーカー・工務店と工事請負契約締結

⑤設計図の完成・建築確認申請

⑥実際の建設

⑦引渡し

 

※②地盤調査は土地購入後に行うこともあります。

 

すでに所有している土地の場合は③土地購入は不要です。

 

設計事務所に依頼するときは、

④の前に別途設計事務所との契約が必要です。

 

 

 

 

「そんな諸費用もあるとは知らなかった!」

 

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

資金計画をする際は、支払いのタイミングも

考えておきたいですね(o^―^o)

 

 

完全予約制 T様邸・完成見学会開催決定!

 

大好評の完成見学会開催されます🎶

 

日程:2018/5/19(土)20(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀県佐賀市大和町大字東山田3147-1

 

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

 

なお、見学会は1日限定5家族様限定となっております💦

 

興味のある方は、お早めのご予約お願いいたします<(_ _)>

 

 

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

 

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

 

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

 

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

 

btn_orange_apply

 

無料資料請求・お問い合わせ